データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【セCSファイナルステージ】広島が打撃戦を制し、日本シリーズへ進出。CSMVPは打率.833の田中

セリーグCSファイナルステージ第4戦は、広島東洋カープが8-7で横浜DeNAベイスターズをくだし、日本シリーズ進出を決めた。

2016/10/15

text By

タグ: , , , , , ,



DeNAは今永1回6失点KO

 15日、セリーグクライマックスシリーズファイナルステージ第4戦が行われ、セリーグ王者の広島東洋カープが横浜DeNAベイスターズに8-7で勝利。アドバンテージ1勝を含め、4勝1敗で25年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

 広島の先発は岡田、DeNAの先発は今永。
 1回裏、このシリーズ絶好調の1番・田中が四球で出塁、2番・菊池がバントのあと、3番・丸も四球で1死1、2塁とすると、4番・新井、5番・鈴木の連続左前適時打。さらに6番のエルドレッドはライトへ3点本塁打と続く。カープ打線の勢いは止まらない。7番・小窪が中前安打、さらに9番・岡田も内野安打で再びチャンスをつくると、この回2度目の打席に立った1番・田中が右前適時打。打者10人の猛攻で一挙6点を挙げる。

 今永は結局1回6安打6失点とKO。先発の責任を果たせなかった。

 一方、DeNAは直後の2回表に1死から5番・宮崎がセンターオーバーのフェンス直撃の2塁打、さらに6番・エリアンの一塁ゴロをカバーに入った広島・岡田が落球。1死1、3塁となり、8番・倉本が右前適時打。ライト・鈴木から3塁への送球を小窪が後ろにこぼした間に、エリアンも還って2点をとった。

 さらに3回表、DeNAは1番・桑原が左前安打で出塁、続く2番の梶谷がライトへ2点本塁打で2点差に。しかし広島は3回裏に菊池の適時打、5回裏には田中の今日2本目の適時打で2点を追加する。
 先発の岡田は結局5回8安打4失点(自責3)だった。

【次ページ】投打充実のカープ

スポンサードリンク

1 2
shiro