データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【パ・CSファイナル】ソフトバンク・柳田、決勝打。土壇場9回ダブルスチールからの逆転劇

パリーグのクライマックスシリーズファイナルステージが開幕。パリーグ1位の北海道日本ハムファイターズにはアドバンテージで1勝が与えられている。先に4勝したほうが日本シリーズへ進出する。

2016/10/13

text By

タグ: , , , , , , ,



日本ハムが優位に試合を進めたが……

 パリーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が行われ、ソフトバンクが6-4で日本ハムに逆転勝ちを収めた。

 

 日本ハムの先発は今季途中から先発に転向し、10勝をあげた増井。前日7回無失点の好投を見せた大谷は、中0日で3番DHでオーダーに名を連ねた。

 一方、負けらないソフトバンクは中田が先発。

 両者とも初回は3者凡退に抑えるが、2回表ソフトバンクが先制する。
 この回先頭の4番・内川がライト前安打で出塁。その後2死2塁から明石が四球を選び、2死1、2塁とすると、ファーストステージのラッキーボーイ・8番の今宮がセンター前へ適時打。続く9番の細川も2塁への適時内野安打で、この回2点を奪う。

 

 日本ハムは4回裏に反撃。1番・西川がライトへチーム初安打を記録すると、2番・近藤もライトへ安打。無死1、2塁のチャンスで3番・大谷は一塁ライナーに倒れるが、4番・中田がセンターへ適時打。1点をかえす。さらに1死1、2塁で同点のチャンスだったが5番・田中はショートへの併殺打に倒れる。

 増井は毎回のように得点圏に走者を置く苦しい状況の中、粘りの投球。ソフトバンクに追加点を与えない。

 

 すると5回裏、1死からレアードがレフトスタンドへ同点本塁打。さらに6回裏には先頭の西川がセーフティーバントで出塁、2番・近藤がバント。ここでソフトバンクは3番・大谷を敬遠、1死1、2とし、で4番・中田との勝負を選択する。ここで中田は三遊間をしぶとく抜くレフト前適時打で1点を勝ち越し。さらに2死1、2塁から7番・陽がセンター前適時打でさらに1点を追加した。

 結局、増井は6回を投げて8安打5奪三振2四球2失点と先発の役割をしっかりと果たした。

スポンサードリンク

1 2

shiro