データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【10月12日広島対DeNA BBC独自採点】完璧な投球を見せたジョンソン、全打席出塁の田中に最高点

広島東洋カープが5-0で横浜DeNAベイスターズに完勝した。この試合をBBC独自の基準で採点してみたい。

2016/10/13

text By

タグ: , , , , ,



<横浜DeNAベイスターズ>

(中)桑原将志5.5
評 出塁は1打席目の四球のみも、可能性を感じる打撃内容だった。次戦にはしっかり打線をリードしてくれるだろう。

 

(右)梶谷隆幸6.0
評 薬指の骨折をおしての出場。練習中から強くバットを振れていなかったが、きっちり2安打をマークした。一人気を吐いていた。

 

(一)ホセ・ロペス5.0
評 今日はおとなしかった。ジョンソンンの投球にタイミングが合っていなかった。

 

(左)筒香嘉智5.0
評 状態は今季、一番最悪といえる。ファーストステージ第1戦の本塁打を境にバッティングを崩してしまった印象だ。成長過程に通るべき道。どう打開していくことができるか。

 

(二)宮崎敏郎5.0
評 ジョンソンに翻弄されていた。3打数無安打で投手ゴロ二つ。ほとんどスイングできなかった。

 

(遊)倉本寿彦5.0
評 左投手はさほど苦手ではないはずだが、今日はあっていなかった。

 

(三)白崎浩之5.0
評 1安打をマークも2回裏に守備面で一つのミス。あのミスで、3回の相手の攻撃が1番から始まってしまった。試合を左右した凡ミスだった。

 

(捕)戸柱恭孝5.5
評 盗塁を一つ刺した。明日以降の広島の足封じも目指していきたい。それだけで大きく変わらずはずだ。

 

<投手>
ギジェルモ・モスコーソ5.0
評 6回2失点で粘りを見せていたが、7回に力尽きた。リズムある投球を心掛けたい。

 

ザガースキー4.5
評 起用のされ方からして、モチベーションは上がらないだろう。記念登板のような印象しか与えなかった。8回に試合を決める1点を献上した。

<交代出場>
後藤武敏--

ラミレス監督4.5

評 今後の試合に備えたのか。投手の交代期が遅れた。モスコーソを引っ張りすぎて完敗になった。ほとんど打開策を打たなかった印象だ。次戦、どう選手を前を向かせるか注目したい。

 

【次ページ】<広島東洋カープ>
1 2 3



  • 記者募集