データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



松井秀喜氏の予言的中。CSでも健在、DeNA筒香嘉智の勝負強さと四番の風格

クライマックスシリーズに初進出した横浜DeNAベイスターズ。やはり四番の勝負強さが光る。

2016/10/09

text By

タグ: , , , ,



松井氏の予言が現実に

 その松井氏から筒香が直接指導を受ける機会に恵まれたのは2015年の春季キャンプ。当時の中畑清監督から頼まれた松井氏がキャンプ視察の名目で沖縄・宜野湾のキャンプ地を訪問した時だった。憧れの人からマンツーマンで打撃に関する細かな助言を受けた筒香は、この年も前年の好成績をさらに上積みさせて大活躍。ゴジラのエッセンスが注入され、ハマの主砲はさらなる覚せいを遂げたのだ。

 このキャンプ訪問時、松井氏は多くのメディアを前に直接指導を行った筒香の印象について次のように述べていた。

「打撃技術が優れているのはもちろんですが、それに加えて非常に独特の雰囲気を持った選手だと思いますね。打席に立っただけで相手投手に威圧感を与える打者は、そう多くいない。そういう意味でとても才能に満ち溢れた選手だと思いますし、今後の活躍も楽しみにしています。今でも十分に素晴らしいですが、彼はこの先もどんどん成長していくと思いますよ」

 こうして振り返ってみると当時、一部のメディアで報じられていたゴジラの筒香評は確かに的を射るものだった。そして、その予言も見事的中。そして打率.322、44本塁打、110打点をマークした筒香の今季打撃3部門の成績は実を言えばすべて同じ高卒7年目までの松井氏の数字を超えているのである(※巨人時代の松井氏が筒香の今季成績以上の成績を初めて残したのは打率.333=2001年高卒9年目、50本塁打=2002年高卒10年目。打点は2000年・高卒8年目の108が最高。ただしヤンキース時代の2005年・高卒13年目に116をマークしている)。

 松井氏も認めた筒香の打撃技術。DeNAのCS突破は、やはりこの男のバットにかかっていると言っても過言ではないだろう。 

1 2