データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【セ・クライマックスシリーズ1ST】巨人が長野の決勝適時打で雪辱。坂本は2試合6打数5安打2本塁打

セリーグのクライマックスシリーズ第2戦は巨人が2-1でDeNAを破り、1勝1敗で第3戦に持ち込んだ。

2016/10/09

text By

タグ: , , , ,



巨人坂本の2試合連続弾で流れを止める

 DeNAがファイナル進出に王手をかけて臨んだ第2戦は、8回裏、巨人が長野久義の決勝打で2-1と競り勝ち、星を五分に戻した。

 
 先制したのはDeNAだった。
 2回表、1死から6番の白崎浩之、7番・倉本寿彦の連打で1、3塁の好機を作ると、2死後、9番・今永昇太の打席で、先発・田口麗斗のストレートがワンバウンドしたところを捕手の小林誠司が止めることができず暴投となり、DeNAに1点が入った。

  
 これで、前日の勝利も手伝ってDeNAが勢いに乗るかに見えたが、これを巨人の主将・坂本勇人が食い止めた。
 3回裏、二死走者なしで打席に立った坂本は、カウント3ボール2ストライクからのカーブに体を残してボールを捉え、左翼スタンドに運んだ。

 

 DeNAの勢いが止まり、試合は膠着状態に入る。
 田口、今永の両先発はほとんど投げミスがなく、1-1の展開を続けた。

【次ページ】試合の潮目は継投

スポンサードリンク

1 2

shiro