データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



辻󠄀 発彦氏の新監督就任を発表した西武。「守備の人」で、予想される2017年オーダーとは

10月3日埼玉西武ライオンズは今季限りで辞任する田邊徳雄監督の後任に、辻󠄀発彦氏が就任すると発表した。辻󠄀新監督は今季、中日の作戦兼内野守備コーチを務めていた。

2016/10/03

text By

タグ: , , , ,



辻󠄀監督「気持ちが前に出る選手を作っていきたい」

 埼玉西武ライオンズは3日、所沢市にある球団事務所で記者会見を行い、辻󠄀発彦氏の新監督就任を発表した。

 

 監督を受諾した辻󠄀氏は「まさか自分に監督の要請が来るとは思っていませんでしたが、野球をここまでやってきて今の自分があるのはプロにスカウトしてくれた西武です。何とか恩返しをしたい想いです」と古巣への情熱を語った。さらに「低迷しているのが現状ですから、最大限にチームが力を発揮できるような環境を作りたい」と意気込んだ。

 

 辻󠄀監督に求められるのは今季101個の失策を記録した守備面の改善であろう。今季、守備で落とした試合が多かっただけに、そうした見方は強い。ただ、辻󠄀監督は自身への期待を受け入れつつ、持論をこう語った。

 

「101個のエラーをしたといっても、僕はその内容を知りませんからね。送球エラーなのか、捕球エラーなのか。その中身を見て行かないといけない。それは秋季練習で見極めてアドバイスをしていきたいですね。ただ、エラーはつきものですから、俗にいう攻撃的なエラーは構わないよという気持ちでやらないといけないのではないかと思います。気持ちが前に出る選手を作っていきたいです」

 

 会見やその後の囲み取材を聞いていて感じたのは、辻󠄀監督はただ自身の現役時代、守備が上手く気持ちの強い選手だからといって、そこにこだわる風ではなかった点だ。監督を要請した鈴木編成本部長も「守備面だけではなく、走塁面も今季は良くありませんでしたし、監督は様々なことを経験されているので、作戦面での期待もしています」と話している。「1点にこだわる野球。いかにして1点を獲るか、いかにして1点を守るかというところですね」と辻󠄀はきっぱりと言い切っていた。

スポンサードリンク

1 2
shiro