データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



第2回WBCメンバー、オリックス・小松聖の引退会見全文。「辛いことも多かったが、夢のような時間を過ごせた」

オリックスの小松聖(34)が22日、京セラドーム大阪で引退会見を行った。小松は2007年にJR九州から社会人ドラフト希望枠でオリックスに入団。2008年にはチームトップの15勝を挙げ、クライマックスシリーズ進出に貢献。新人王を獲得した。翌2009年には第2回WBC日本代表メンバーに選出され好投している。しかし、その後は故障などもあって伸び悩んだ。10年目の今季は開幕一軍スタートを切ったものの、わずか3試合の出場で勝ち負けなし、防御率8.10の成績だった。

2016/09/22

text By

タグ: , , , ,



ファンの小松コールをもう一度聞きたい

【個別質問】

――辛い時期が多かったという話もされていましたが、去年は肘の手術もされて、ここ2~3年は怪我との闘いもあったと思いますが、そんななかで小松さんを支えてくれたものは何だったのでしょうか?

 やはりマウンドに行く途中、ファンのみなさんの「小松コール」が本当に頭に残っていてですね。個人的なことかもしれないですけど、もう一度その声援を聞きたいというのがありました。また家族にも、幼い子どもたちにも「お父さんこういった仕事をしてたんだぞ」という姿をもう一度見せたいという強い気持ちもありました。また、待ってくれているファンのみなさんに、元気な姿を一軍で見せたいという気持ちで、手術したあとも懸命に頑張れたのかなと思います。

 

――引退の気持ちを奥さまに伝えたときはどんな感じでしたか?

 2~3年前から家族にはこれがラスト登板の気持ちで投げるからと伝えていたので、覚悟はしてたと思うんですけど、最後は妻のほうから「好きなことをしてこの先も頑張っていけばいいんじゃない」と言ってくれたので、スッキリとした気持ちで引退を決意しました。

 

――もう一度カッコイイお父さんを見せたかったと仰ってましたが、お子さんはいかがでしたか。

(子どもは)まだ幼いんですが、家でオリックス戦を見ることが多いんですけど。ユニフォーム見るたびに全員がパパに見えるのかもしれないですけど「パパだね!」って言ってくれて、7回のダンスのときも、真ん中の子は一緒に踊ったりして。オリックスという名前や野球という言葉を覚えたところなので、プレーしている姿をもう一度見せたいなと思っています。

 

――引退してこれから一番やってみたいことは何ですか?

 けっこう無理して家を空けることが多かったので、しっかり家族サービスをしたいなと思います。

 

 会見の最後、小松の引退セレモニーが本拠地最終戦となる29日の楽天戦(京セラ)で行われることが発表され、最後に小松から報道陣に向けて感謝の言葉が述べられた。

「入団以来10年間、報道陣の方々にはいろいろと良い記事を書いていただいて、また僕の名前が知れ渡ることができたのも、みなさんあってのことだと思います。僕が躍動するにあたって源としたのは、書いていただいた記事が載っている新聞を読むのが、自分なりに凄く嬉しかったので、頑張ることができました。本当にありがとうございました」

1 2





  • 記者募集