データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【6月27日~30日セ・パ第21節展望】打撃好調、ソフトバンクとロッテの首位攻防戦

2016年6月27日~6月30日までの第21節、勝負のポイントはどこにあるか。

2016/06/27

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



<パリーグ>

ソフトバンク―ロッテ 東京ドーム、ヤフオクドーム

 変則日程での開催となる首位攻防の一戦。といっても、ゲーム差は7.5あるのだが、この3連戦は非常に重要な戦いとなる。交流戦前の3連戦では、ソフトバンクが3タテしたが、ロッテは巻き返すことができるだろうか。ソフトバンクは初戦の先発に武田を立てる。ややロッテを苦手としているが、これがどう出るのか興味深い。相手がエース・涌井を立ててくるだけに、初戦次第でこの3連戦の趨勢は大きく変わるかもしれない。打線は26日の試合では2ケタ安打をマークし、好調をキープする。柳田、内川、長谷川のクリーンアップは強力で、ここへきて調子を上げてきた松田、中村晃も怖い存在だ。

 一方のロッテは首位ソフトバンクに1試合も落とせない気概で臨んでくるはずだ。初戦はエース涌井が先発する。リーグ再開の開幕をあえて石川に譲り、この試合に賭けている。昨季、同カード5勝の実績を引っさげて全身全霊でぶつかる心づもりだ。打線は好調をキープしている。前節は3試合とも1試合15安打以上をマークし、相手投手陣を粉砕してきた。首位打者争いを抜け出した角中、デスパイネが好調で、細谷、鈴木ら周りを打つ選手に加え、下位を打つ田村が確変中だ。清田、高濱ら故障者が出始めたが、控え選手でしっかりカバーしたい。どうしても負けられない3連戦。代打陣がやや手薄なだけに福浦らベテランの力が必要となるはずだ。

 

日本ハム―西武 札幌ドーム

 移動日なしで変則日程の開催となる。日本ハムは金曜日が雨だったためにやや投手陣に余裕がある。優位性を生かしたい。初戦の先発はメンドーサが務める。土曜日の先発予定が雨天中止でずれ込んだ形だ。ここまでいいピッチングが続けられていないが、昨季、西武から5勝を挙げている相性を味方につけたいところだ。2戦目以降はバース、吉川の登板が予想される。特に吉川は崖っぷちの登板となる。4連敗中とあってここで結果を出せないようだと厳しい立場に立たされるかもしれない。同学年の斎藤佑樹の存在が浮上してくる。打線の方は、岡が入って厚みが出てきた。前節、当たっていた陽、田中、レアードら主軸で得点を積み重ねたい。打線は好調をキープしており、いかに西武の打線を抑えるかだ。

 投手事情が苦しい西武は、初戦先発の岸次第だろう。約2カ月ぶりの復帰戦となった前回の登板では6回117球を投げた。勝利はつかなかったものの、ストレートは149キロを計測するなど力強いボールが戻ってきている。3位以上を狙っていく上では、この3連戦は悪くとも勝ち越さなければならない。エース岸のしびれるようなピッチングに期待したいところだ。2戦目以降は外国人投手2人が控えるがやや心もとない。ポーリーノ、バンヘッケンは「助っ人」らしい活躍をできるかどうか。もし、補強が失敗という形になれば、編成の責任も重大だ。打線は俄然、好調。秋山、栗山の出塁率が高く、森、メヒアに一発がある。前節からは渡辺直人が復帰し、チームに落ち着きをもたらしている。坂田、上本ら代打陣もそろえ、隙はない。ただ、浅村が26日の試合で足首を負傷。その状態が心配される。

スポンサードリンク

shiro