データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



阪神・福留孝介、日米通算2000本安打を達成。殿堂入り対象外も過去に達成した外国人選手も

6月25日の広島東洋カープ戦で日米通算2000本安打を放った阪神タイガースの福留孝介。これまでNPBからMLB、MLBからNPBでプレーし、日米(米日)2000本安打を達成した選手はどれくらいいるのだろうか。

2016/06/26

text By

タグ: , , , , ,



NPBに復帰してから井口は853安打をマーク

 阪神の福留孝介が6月25日の広島戦の6回に、二塁内野安打を放ち日米通算2000本を達成した。
 日米通算で4261安打しているイチローから見れば、小さな記録に思えるかもしれないが、NPBで2000本をクリアした選手が日本プロ野球史上47人しかいないことを考えればやはり偉大な記録だ。

 日米通算で2000本以上を記録した日本人選手は以下の通りだ(NはNPB、MはMLB)。

1. イチロー  4261本(N1278本 M2983本)
2. 松井稼頭央 2672本(N2057本 M615本)
3. 松井秀喜  2643本(N1390本 M1253本)
4. 井口資仁  2207本(N1713本 M494本)
5. 中村紀洋  2106本(N2101本 M5本)
6. 福留孝介  2000本(N1502本 M498本)

 NPBで実績を積み上げた選手が大半だが、イチローや松井秀喜のようにMLBでも活躍した選手もいる。
 福留は、NPBに復帰してから327安打を積み上げた。MLB帰りの選手としては井口資仁の853安打、松井稼頭央の624本に次ぐ記録。MLBからNPBに復帰してすぐに適応できるほど甘くないだけに復帰後に安打を積み上げて、今回の記録をクリアした点は高く評価すべきだろう。

スポンサードリンク

1 2

shiro