データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【6月3日~5日交流戦第2節展望】セパの首位が直接対決。菅野vs好調日本ハム打線の行方

2016年6月3日~5日までの交流戦第2節、勝負のポイントはどこにあるか。

2016/06/03

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



調子が上がってきた巨人と日本ハムの対決

巨人(セ2位)―日本ハム(パ3位) 東京ドーム

 

 3連勝と勢いに乗る巨人と連日の打線爆発で好調・日本ハムの対決。巨人は初戦先発にエースの菅野を立てて、必勝を期す。2、3戦目は今村、高木を立てていくが、粘り強く投げたい。打線は阿部が入って1つの形ができた。坂本・長野と3人で組むクリーンアップは強力だ。1、2番打者の出塁が高まってくれば、得点力は上がる。

 一方の日本ハムは、初戦は吉川が先発する。9試合に先発して防御率が4.69と安定感を欠いている。12年パリーグMVPの意地を見せたいところだ。2、3戦目のメンドーサ、大谷は2週連続でチームに連勝をつけている。心配はなさそうだ。打線は主砲の中田が元気だ。2試合連続決勝本塁打を放ち、手がつけられない。田中賢、陽、そして西川と球団の顔が軒並み昇り調子。初戦の菅野を叩いて勢いに乗りたい。

 

広島(セ1位)―ソフトバンク(パ1位) マツダスタジアム

 

 セ・パの首位が直接ぶつかる。両リーグの現在地がわかる対決といえるだろう。広島の初戦先発は黒田が上がる。復帰して3戦目になるが、安定したピッチングは健在。前節負け越したチームに落ち着きをもたらしてくれるはずだ。2、3戦目の岡田、中村恭の若い二人がどこまで踏ん張れるか。打線は好調をキープしている。田中、菊池でチャンメイクしてたい。丸、主砲の新井、首位打者のエルドレッドと破壊力がある。下位打線も売り出し中の鈴木、安部と切れ目がない。

 ソフトバンクは初戦先発に東浜を送る。前回登板ではパリーグ2位のロッテ打線を封じ込めた。持ち前のアウトコースのコントロールとストレート、ツーシームのコンビネーションで勝負する。セの最強打線をいかに抑えられるか。2、3戦目は千賀、武田と盤石の並びだが、疲れの見える二人がどう立て直してくるかもポイントだ。打線は今宮が好調をキープしている。2日は1番に入り貴重な本塁打を放った。やはり彼のようなポテンシャルにあふれる選手は目立つ打順で際立つ。今宮だけではなく、柳田、内川、長谷川の状態もいい、はたして、セパの首位同士対決はどう出るか。

 

DeNA(セ5位)―ロッテ(パ2位) 横浜スタジアム

 

 神奈川・千葉による関東ダービーの対決となる。DeNAの初戦先発はベテランの久保康が4月27日以来の1軍マウンドに上がる。今季4試合に登板して1勝3敗だが、それほど内容が悪かったわけではない。古巣相手の登板で自信を取り戻したい。2戦目は今永、3戦目は山口が登板予定だ。打線は、西武との試合で速球派投手に苦しんだ。ここを打開しないと上位進出は期待できない。調子のいい左打者を積極起用したい。

 ロッテは初戦の先発・涌井で先陣を切る。週末の先発投手陣の不安を抱えるだけに、涌井では取りたい。2戦目はチェン、3戦目は唐川になりそうだ。打線は2日の試合で爆発した。なかでも、侍ジャパンメンバーでもある清田に復調の兆しが見えてきたのは心強い。清田が着火剤となって、首位打者の角中、下位打線を引っ張る鈴木ら切れ目のない打線で一丸で戦いたい。

スポンサードリンク

1 2

shiro