データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




一塁守備の名手は誰か?王貞治、中畑清、飯田徳治名一塁手列伝

守備がうまい選手は意外と気付かれず「隠れた名選手」となることが多い。今回は、その中でも一塁手に注目したい。

2016/05/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



1970年~2000年までの守備率Top5

 野手の名選手と言えば、「打撃がよい選手」のことを指す場合が多いが、守備にスポットライトを当てると、野球史には「隠れた名選手」がいたことがわかる。

 ポジション別に「守備の名選手」を紹介していこう。今回は一塁手。

 守備のデータとして「守備率」があるが、プロ野球の一塁手では95%を超えるのが当たり前だからあまり差がつかない。また無理目の球を追わなければ、守備率は上がる。守備率でわかることは少ないのだ。
 守備機会(補殺=送球して走者をアウトにした数+刺殺=フライをとるか、直接走者をアウトにした)を試合数で割ったRF(レンジファクター)は、守備範囲の広さを示すデータだ。この数字で守備成績を見ていく。
 ただし、RFは時代によって大きく変わっていく。
 1950年代、本塁打や外野飛球が少なかった時代は内野手のRFは大きな数字になる。現代に近づくほどRFの値は小さくなる。
 1970年から10年刻みで両リーグのシーズンRFベスト5を見ていこう。100試合以上一塁を守った選手。

1970年代
セ・リーグ
1. 1973年 松原 誠 大洋 130試合 RF 11.10 守備率.997
2. 1974年 王 貞治 巨人 130試合 RF 10.84 守備率.996
3. 1972年 松原 誠 大洋 130試合 RF 10.68 守備率.994
4. 1971年 ミラー 中日 125試合 RF10.59 守備率 .995
5.1975年 王 貞治 巨人 123試合 RF 10.37 守備率.994

パ・リーグ
1. 1979年 柏原純一 日本ハム 123試合 RF11.34 守備率.996
2 ,1978年 柏原純一 日本ハム 129試合 RF10.44 守備率 .994
3. 1971年 大杉勝男 東映 130試合 RF10.28 守備率.996
4 .1976年 小田義人 日本ハム124試合 RF10.04 守備率.995
5 .1973年 竹之内雅史 太平洋 108試合 RF10.03 守備率.997

セは大洋の松原誠が一塁の名手として名前を挙げる。足を180度に広げて送球を取る美技で有名だった。王貞治の陰に隠れて一度もベストナインになっていないが、松原も2000本安打を打っている
パは南海から日本ハムに移籍して78年から4年連続でダイヤモンドグラブ(現ゴールデングラブ)に輝いた柏原純一。ミットさばきもうまく、守備範囲も広かった。

1980年代
セ・リーグ
1. 1984年 中畑 清 巨人 128試合 RF10.41 守備率 .996
2. 1980年 大杉勝男 ヤクルト112 試合RF 10.09 守備率.996
3. 1982年 中畑 清 巨人119試合 RF10.03 守備率.990
4. 1983年 中畑 清 巨人 102試合 RF9.84 守備率.992
5. 1985年 中畑 清 巨人 115試合 RF9.81 守備率.996

パ・リーグ
1 .1981年 柏原純一 日本ハム124試合 RF10.44 守備率.996
2. 1980年 加藤英司 阪急117試合 RF10.42 守備率.992
3. 1986年 デビッド 南海 130試合 RF10.41 守備率 .993
4. 1988年 清原和博 西武 125試合 RF10.23 守備率 .994
5. 1982年 柏原純一 日本ハム129試合 RF 10.18 守備率.994

セは王貞治の引退を受けて、三塁から転向した中畑清が抜群のパフォーマンス。82年から88年まで7年連続ゴールデングラブ賞を受賞。動きが機敏で、ミットさばきもよかった。
パは柏原が80年代に入っても好守備を見せた。清原和博は入団当初はやや不安定だったが、3年目には守備でも安定感を見せた。

1990年代
セ・リーグ
1.1991年 駒田徳広 巨人 130試合 RF10.15 守備率 .994
2 1992年 広沢克己 ヤクルト131試合 RF10.08 守備率.995
3.1990年 落合博満 中日 130試合 RF10.01 守備率 .995
4.1990年 駒田徳広 巨人 130試合 RF9.93 守備率.995
5.1994年 大豊泰昭 中日 130試合 RF9.92 守備率.994
パ・リーグ
1.1991年 トレーバー 近鉄 116試合RF10.29 守備率.997
2.1993年 清原和博 西武 128試合 RF 9.92 守備率 .997
3.1991年 愛甲 猛 ロッテ130試合RF9.66 守備率 .993
4.1999年 小笠原道大 日本ハム 135試合 RF9.64 守備率.993
5.1994年 石井浩郎 近鉄 124試合 RF9.58 守備率.995

セはいまだに一塁守備の名手といえば必ず名前が挙がる駒田徳広。独特のやわらかいミットさばき、ワンバウンド処理の巧みさなどは抜群。89年から99年まで、92年を除いてゴールデングラブを受賞。通算10回受賞は一塁手最多・
パはわずか2年の在籍だったが91年には勝負強い打撃で打点王をとるとともに、ゴールデングラブにも輝いたトレーバー。清原は依然、守備面でも貢献していた。

スポンサードリンク

1 2

shiro