データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【5月20日~22日セ・パ第17節展望】黒田復帰の広島、DeNAは最下位脱出なるか。西武の多和田はプロ初勝利を目指す

2016年5月20日~5月22日までの第17節、勝負のポイントはどこにあるか。

2016/05/20

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<パ・リーグ>

オリックスーロッテ

 

 2戦で17得点と打線が爆発して勢いに乗るオリックスは前節を負け越したロッテを迎える。初戦の先発はエースの金子があがる。前回登板では勝利はつかなかったものの、ここ3戦はエースらしい投球を続けている。チームの調子が上向いているだけに、さらなる進歩をチームに生み出してもらいたい。2戦目は、前回の展望で予想を外した近藤一、3戦目は西と予想する。調子を上げてきた打線は西野、糸井といった安定感のある左打者に、モレル、小谷野、ブランコら右打者が絡んでくるとすさまじくなる。今節も右打者の活躍に期待したい。少しずつ借金を減らしていきたい。

 一方のロッテはエース涌井に土がついてのカード負け越し。パリーグ唯一の6連戦で、さらには移動ゲームとあってコンディション調整が難しい。初戦の先発はスタンリッジがあがる。中5日での登板だが、前回は3イニングをもたずに降板している。取り返したいところだろう。前週は乱打戦の末に制することができたが、週末の投手陣は大きな課題を抱えている。スタンリッジ、2戦目の唐川がいかに週末を立て直すか。今後を占う意味でも重要な登板になる。打線は西武戦で当たっていた清田が復調の兆しを見せ、好調の角中、鈴木と打線はつながりがある。週替わりでヒーローが生まれる傾向にあるチームだが、今節はどの選手に光が当たるだろうか。苦しい戦いが予想されるが、こういう時こそ、ベンチにいるベテランに救ってもらいたい。

 

西武―ソフトバンク 西武プリンスドーム 2連戦

 

 7カードぶりに勝ち越した西武は首位ソフトバンクを迎える。連勝の勢いで、天敵を相手にどこまで肉薄できるだろうか。2連戦となるが多和田、野上で臨むことが予想される。ルーキーの多和田にとっては、本拠地初マウンドになる。前回登板は2回もたずに降板したが、今回はなるべく長いイニングを投げたいところだ。菊池―高橋光で作った流れにうまく乗っかり、プロ初星を挙げたい。打線の方は、リーグトップの打率をキープしているが、下位打線にやや元気が出てきた。下位打線が好機を作り、1番・秋山、好調の2番・栗山と得点を重ねていきたい。

 ソフトバンクは前節、負け越したとはいえ、調子は悪くない。今節は千賀、武田と西武を得意にしている両投手が先発する。初戦の千賀はやや調子が落ち着いてきた感じはするが、ストレートの勢いは変わらない。西武とは今季3度対戦しており、すでに2勝を挙げている。強気な攻めで、強力打線を抑え込みたい。武田は、昨季の西武戦で6戦4勝0敗と抜群の相性を誇る。今季も1勝を挙げている。一方の打線は、この2試合、1番に中村をおいて、いいリズムを作り出している。まだ柳田の調子が本来のものではなないが、松田の調子もよく、内川、長谷川と強力打線は健在だ。

 

日本ハム―楽天 札幌ドーム 2連戦

 

 首位・ソフトバンクに勝ち越した日本ハムは勢いに乗る。移動日を挟み、万全の2連戦を迎える。先発陣も、メンドーサ、大谷と昨季の勝ち頭で挑む。メンドーサは徐々に調子を上げてきているが、まだ物足りない。おそらく、スロースターターなのだが、そろそろエンジン全開といきたいところだ。2戦目の大谷は、今季まだ1勝と本来のピッチングができていない。力加減の切り替えがうまくいっていない様子で、抜け球が目につく。1回から全力投球をして打開してもらいたい。打線は好調をキープしている。中島、田中の出塁が良く、長打力のある中田、レアードが振れている。今節は打者大谷がいないが、近藤、前節代打で貴重な3点本塁打を放った谷口など、戦力はいる。

 楽天は苦境に立たされている。4試合39失点で4連敗を喫した。その上、司令塔の嶋が骨折で離脱とマイナス要素しかない。ここから立て直すのはかなり難しい。先発はレイ、釜田が予想されるが、二人は前節、KOされている。嶋がいない中で、どういうピッチングができるか。ある意味では、投手陣の自立が求められるのかもしれない。打線は投手陣ほど悪くない。首位打者の岡島、銀次や茂木のバットが振れている。この5試合2本塁打のウイーラーもいい。得点力はあるわけだから、いかにゲームをうまく運ぶかだろう。序盤の大量失点を避けるのはもちろんのこと、少しでも投手陣を楽にさせる意味でも、先制点は取っていきたい。

1 2



  • 記者募集