データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハム宮西尚生は球界にとって稀有な存在。勝利の方程式に欠かせない貴重なセットアッパー

ファイターズの宮西尚生が14日、ついに200ホールドを達成した。同記録の達成は、NPB史上2人目で、パリーグでは初だ。

2016/05/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



山口と宮西は8年連続50試合以上登板

 NPBのホールド数10傑は以下の通りだ。

1. 山口鉄也(巨人)260

2. 宮西尚生(日本ハム)200

3. 浅尾拓也(中日)199

4. 五十嵐亮太(ソフトバンク)142

5. Jウィリアムス(阪神 引退)141

6. 平野佳寿(オリックス)128

7. 増井浩俊(日本ハム)121

8. 福原 忍(阪神)118

9. 久保田智之(阪神 引退)117

10. 松岡健一(ヤクルト)、森福允彦(ソフトバンク)115

 セットアッパーは、クローザーとともに救援投手の両輪だ。しかし注目度はクロ―ザーのほうが高く、一方で過酷さではセットアッパーのほうが上だ。

 昨年の両リーグの最多登板投手は、ともにセットアッパーだった。

パ・増田達至(西武)72登板40ホールド(最多)
セ・秋吉亮(ヤクルト)74登板22ホールド

 それだけに、セットアッパーは消耗が激しく長続きしない。

 中日の浅尾拓也は2010、2011年に2年連続で最多ホールドをマーク(47、45ホールド)、2011年にはセットアッパーとして初のMVPに輝いた。

 しかし翌年以降、故障などもあり成績は急落。浅尾もあと1つで200ホールドだが、今年はまだ一軍で投げることができていない。

 そんな中で、長くセットアッパーとして活躍しているのが巨人の山口鉄也と、日本ハムの宮西尚生だ。

 山口は昨年まで8年連続で60試合以上登板、20ホールド以上、今季もすでに9ホールドを挙げている。

 宮西は新人の2008年からセットアッパーで起用され、昨年までデビューから8年連続で50試合以上登板、5度20ホールド以上、今季、彼もすでに7ホールドを挙げている。

 山口と宮西は、長年の酷使に耐えることができる稀有の存在なのだ。
 山口は3度最優秀中継ぎ投手に輝いているが、宮西は一度もタイトルを取っていない。

 しかし毎年50試合以上投げて、20ホールドが期待できる投手が一枚確保できているのは、非常に大きい。

 地味ではあるが、丈夫で長持ちなセットアッパー、宮西尚生の評価はますます高まっている。

1 2