データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【5月17日~19日セ・パ第16節展望】「無敗対決」SBバンデン対F有原。中日・田島は開幕からの無失点記録達成なるか

2016年5月17日~5月19日までの第16節、勝負のポイントはどこにあるか。

2016/05/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



<セ・リーグ>

阪神-中日 甲子園

 

 3カード勝ち越しのない阪神は本拠地に戻って出直す。先発はメッセンジャー、横山、藤浪の予定だ。メッセンジャーは今季、中日戦の防御率が1.98。一方、3年目の横山は前回登板で中日から勝利を挙げたが、2戦目は相手も研究してくる。非常に重要な登板だ。藤浪は中5日での登板になるが、それほど問題ではない。危惧されるのは救援陣だ。守護神のマテオの状態が気がかりだ。藤川球児を含め、層を厚くしなければいけない。打線は手を変え、品を変えて臨んでいる。好調のゴメスを生かしていきたい。

 中日は、初戦から佐藤、山井、若松が先発することが濃厚だ。ルーキーの佐藤は前回登板で初勝利を挙げばかり。初物に弱い阪神が相手だけに、堂々と投げたい。3戦目の若松は、昨季の阪神戦の防御率は0.00。今季はどうなるか。中継ぎの田島が開幕から23試合連続無失点を継続しており、日本記録に並ぶかも注目だ。打線は大島、荒木の1、2番がチャンスメークできている。平田、ビシエドがいかに還すか。打線の調子は中日に分がありそうだが、投手陣がどこまで踏ん張れるかだ。

 

巨人―DeNA 山形、秋田

 

 東北開催での2連戦となる。巨人は初戦の先発に今季初先発の内海を立てる。前週の先発予定だったが、雨天などにより1週間ずれた。先発陣が苦しいだけに、結果を残したいところだ。2戦目は今季、好調の田口が先発する。DeNAとは今季初めてとなるが、好調の倉本、復帰したばかりの梶谷ら、筒香の前後に控える選手をいかに抑えるかだろう。打線は好調の坂本を生かしたい。長野、ギャレットにも当たりが出てきて、ここへきて亀井の状態もいい。初戦先発の内海に勝利をつけるためにも、序盤から大量得点で援護したいところだ。

 DeNAは15日の阪神戦を何とかドローに持ち込み4節連続負け越しなしと踏ん張っている。初戦先発のモスコーソはこの2戦勝ち星がないが、調子が悪いわけではない。今季1勝目を挙げた巨人を相手に自信を取り戻したい。2戦目の石田がここまで3勝を挙げるなど状態はいい。初先発となる巨人戦で、その力量が試される。打線はベストメンバーがそろう。前節に続いて左腕投手ばかりの対戦となる中、左打者が主軸に多いだけにどう攻略できるか。桑原、宮崎、白崎らが起用され、ロペスなどキーを握る。左打者の乙坂らの調子も良く、終盤まで粘って勝機を見出したい。

 

広島―ヤクルト マツダスタジアム

 

 前週と同カードで場所を移しての戦いになる。前週負け越した広島からすれば、ホームで取り返したいところ。先発はジョンソン、野村、九里と同じ陣容で挑む。ジョンソンがヤクルト戦3勝と頼もしい。防御率は良くないが、勝利をもってこられている。前回も2戦目に登板し、石川に投げ負けた野村にとってはリベンジマッチだ。取り返すことで自信が積み重なる。お互い打線が好調なチームだけに、投手陣の出来がカギを握る。打線は田中、菊池、エルドレッドが好調をキープしている。丸が復調すれば、得点はさらに増える。

 ヤクルトは新垣、石川、小川で臨む予定だ。新垣は暴投記録ばかりが取りざたされるが、この2戦勝ちがないことも重要視しなければいけない。カード頭、相手投手が防御率のいいジョンソンとあって、序盤からの大量失点は避けたい。ビジターに弱い2戦目・石川は、苦手意識を払しょくできるか。打線はチーム打率こそ高いものの、選手によって好不調が分かれてきている。1番・坂口、3番・山田、4番のバレンティンの状態はよく、川端、畠山は元気がない。もっとも、そんな時期はどのチームもある。その期間を短くしたい。

【次ページ】<パ・リーグ>

スポンサードリンク

1 2

shiro