データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【5月6日~8日セ・パ第13節展望】先発陣の苦しい巨人・中日に救世主は? ソフトバンクの勢いは止まるか

2016年5月6日~5月8日までの第13節、勝負のポイントはどこにあるか。

2016/05/06

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



<セ・リーグ>

巨人―中日 ナゴヤドーム

 

 先発陣の枚数に苦慮する両チームが対戦する。巨人はその中で、5日の試合で菅野が完投勝利を挙げて、ブルペン陣の負担を軽減できたことは大きいだろう。初戦の先発は育成から支配下を勝ち取った長谷川潤が抜擢を受ける。右サイドハンドのリズミカルな右腕が、この好機をどう生かすかが注目される。2、3戦目は今村、高木の先発が濃厚だ。高木は前回登板が中4日で本来の投球ができなかったが、中6日の今節はどうか。打線はギャレット、村田ら長打力のあるバッターの調子が上向いてきた。長野も調子をキープしており、クリーンアップの前に打者を多くためたいところだ。片岡がキーマンになるかもしれない。

 一方の中日も先発陣の台所が苦しい。5日は小熊が打球を受けて途中降板で登録抹消。エース・大野が離脱しているだけに、踏ん張りどころだろう。初戦先発の若松は順調に滑り出して3勝を挙げたが、前節は5回もたずにKOをくらい出直しの登板となる。巨人戦は昨季、プロ初完封を挙げるなど3勝を挙げて分がいい。今季の巨人戦は初登板となるが、果たして、チームの窮地を救うことができるか。2、3戦目はネイラー、バルデスの登板が予想されている。外国人に頼らざるを寝ないのが現状だ。打線は軒並み調子を落としている。投手を中心とした守りの野球ができない現状だけに、打線に奮起を期待したいところだ。

 

広島―DeNA マツダスタジアム

 

 首位決戦を負け越した広島はこのままズルズル行かないようにしたい。初戦の先発はルーキーの横山が上がる。序盤に炎上することが多いルーキーだが、すでに3勝を挙げるなど、勝ち運を持っている。5点台と高い防御率を下げるピッチングをしてもらいたい。相手先発がルーキーの今永とあって負けられないはずだ。2戦目の黒田は、これまで安定感のある投球を見せている。期待値も高いだろう。打線は、前節で菅野に完投負けしたとはいえ、一気に畳みかける攻撃力は健在だ。田中、丸がしっかり打線を引っ張り、主軸につなげている。前節はエルドレッドが体の不調でスタメンを外れたが、バックアップメンバーを含めて、全員攻撃で多くの得点を挙げたい。

 DeNAは1カ月ぶりにカードを勝ちこし、勢いに乗る。初戦の先発のルーキー今永は好投を続けている。今節こそ打線が援護できるか。2、3戦目は抜群の安定感を見せている井納と山口が立つ。普通に立ち上がれば試合は作れるだろう。打線は前節に梶谷が復帰してアグレッシブな空気をもたらしている。同じく前々節にケガから復帰した関根が1番打者と君臨して、梶谷とのコンビでスピードを武器に得点へつなげたい。調子を上げてきたロペスに多くの打点を期待したいところだ。筒香の復帰も近くなり、ベストメンバーで戦う形は整いつつある。

 

阪神―ヤクルト 甲子園

 

 この5戦で2勝2敗1分と激闘を繰り広げている両者が対戦する。阪神の初戦先発は岩貞がマウンドに上がる。前回登板でようやく2勝目を挙げた岩貞だが、防御率は0.79でQS100%と抜群の安定感を見せている。今季初対戦のヤクルト相手に、思い切り腕を振るタイプの岩貞が打線をどう抑えるか注目だ。2、3戦目には藤川、能見らベテランが控えるが、登板してみないと分からない要素がはらむだけに、岩貞で勢いをつけたいところだ。打線は、育成上がりの原口がチームに活気を与え、好調を維持している。週替わりでヒーローが活躍し、今週はどの選手が台頭するのか。西岡剛の復帰も間近との報道もあり、選手層が厚くなっている。

 ヤクルトは4連勝から連敗を喫し、前節は負け越した。初戦はエース・小川がマウンドに上がる。6戦で3勝を挙げているが、防御率が3.63とやや高めだ。相手投手が岩貞だけに序盤の失点は避けたい。2戦目以降の先発は流動的で、成瀬の復帰も見込まれる。3戦目は先日、プロ初勝利を挙げた原樹理の先発が予想される。打線は好調をキープ。1番・坂口から始まる打線は爆発力があり、先発陣が試合をいかに作るかだろう。熱戦の多い両チームの戦いは見る方の力が入る。

 

【次ページ】<パ・リーグ>

スポンサードリンク

1 2