データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





NPBで今季達成する可能性のある記録~登板試合数~

試合登板数のトップは949試合に登板した米田哲也だが、歴代3位で現役トップに位置する岩瀬仁紀が900試合登板を達成しようとしている。

2016/04/19

text By

タグ: , ,



1位は米田哲也の949試合登板

 NPB記録の中に、投手が登板した試合数がある。
 歴代1位の登板数は「949」で、米田哲也が記録したものだ。
 2位は944試合登板で歴代最多勝利数をマークした金田正一、3位には岩瀬仁紀がつけている。

 NPBに所属した選手の登板数記録は以下のとおり。

歴代登板試合数が多いランキング

スポンサードリンク

1 2