データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2016年セ・リーグ順位予想。カープV、DeNAはCS進出の可能性。厳しい巨人とヤクルト【小宮山悟の眼】

いよいよ25日に2016年のプロ野球ペナントレースが開幕した。恒例の今季の順位予想をしてみたい。

2016/03/28

text By

タグ: , , , ,



巨人は苦しいシーズンに

 2位には、投手力を評価して阪神を推す。メッセンジャー、藤浪、能見、岩田、岩貞、藤川、福原、秋山、鶴……いくらでも名前が挙がってくる。レベルは相当高い。
 
 マートンがいなくなった打線の戦力ダウン分は、ルーキーの高山と横田がカバーするだろう。大きな弱点のないバランスのとれたチーム編成という点から見ても、Aクラスを外すとは思えない。
 
 キャプテンの鳥谷は、プロ入り以来、現役当時の金本監督にかわいがられてきた。新指揮官を男にするために、より一層の頑張りが期待できる。その金本監督だが、就任1年目ということで、たとえどんな結果に終わろうとも、いきなり責任問題を問われることはないはずだ。そういう周囲の「1年目から結果を出さなくてもいい」というエクスキューズが、プラスに働くのではないか。若手の登用を含め、いろいろなチャレンジをしやすい状況であるといえる。新監督の思い切った采配も、チームの武器のひとつになるだろう。
 
 巨人は当初、4位にする予定だった。ところが、右肩痛のため米国へ帰国していたマイコラスが、開幕前にチームに合流したため、3位に繰り上げた。外国人投手が「肩が痛い」と言い出し、結局、シーズン終了まで働かないのはよくあるケースだ。
 
 マイコラスの場合は再来日した。復帰時期は定かではないが、少なくとも「チームの力になろう」という意識はあるのだろう。リハビリがうまくいって、5月辺りに一軍のマウンドに戻れれば、かなりの戦力になるはずだ。
 
 いずれの場合にも今季の巨人は苦戦を免れないだろう。開幕前に発覚した野球賭博などの金銭問題のゴタゴタが、きっとチームに暗い影を落とす。たとえば、得点をして喜んでも「笑っている場合か!」というヤジが飛ぶような状況が待っている。チームが盛り上がるはずがない。高橋監督にとっては、苦難の1年となると思う。

1 2 3


  • 記者募集