データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2016年セ・リーグ順位予想。カープV、DeNAはCS進出の可能性。厳しい巨人とヤクルト【小宮山悟の眼】

いよいよ25日に2016年のプロ野球ペナントレースが開幕した。恒例の今季の順位予想をしてみたい。

2016/03/28

text By

タグ: , , , ,



福井の成長に期待。ルナ加入で打線も強化

セリーグは今季も昨年と同じような大混戦になるだろう。状況次第で簡単に順位が入れ替わるような戦力差だが、現時点の分析を元に予想してみた。

 

1位 広島東洋カープ
2位 阪神タイガーズ
3位 読売ジャイアンツ
4位 横浜DeNAベイスターズ
5位 東京ヤクルトスワローズ
6位 中日ドラゴンズ

 

今季からMLBドジャーズでプレーする前田は、広島において特別な存在だった。単純に好成績でチームに貢献しただけでなく、精神的な柱としても投手陣をリードしてきた。彼の抜けた穴は、広島にとってとてつもなく大きい。ハッキリ言って、その穴を完全に埋め切ることは難しいだろう。

では、今季からマエケンの抜けた投手陣を支えるのは誰か。私は、福井の成長に期待している。昨季、ある程度の実績を残せた福井は、先発としての自信を掴んだことだろう。その経験を糧に、さらなる成長を遂げれば、マエケンに近い存在になれるのではないか。期待を込めてそう予想する。

その福井が昨季残した成績の分は、ルーキーの岡田と横山が、普通に実力を発揮できれば簡単に埋まるはずだ。また、ベテラン黒田の頑張りは、今季も他の投手たちを鼓舞するだろう。大瀬良の離脱は確かに痛いが、投手陣トータルで考えれば、防御率リーグ2位だった昨季と同程度のパフォーマンスを期待できるのではないだろうか。

 

打線に関してはルナの加入が大きい。エルドレッドも開幕から健康でプレーできる。そこに丸と菊池がいて、新井と田中も加わる。面子的にはそれなりの打線になった。

実は、この面子というのは相手投手に与えるイメージにおいてとても重要だ。
投手という生き物は、一度「この打線は大したことない」と判断すると、上から目線の大胆な投球ができるようになる。すると、まずます打ちにくくなる。昨季の広島はそういう戦い方をされてしまった。ルナの加入した今季は、そんなことはなくなるだろう。打線が正常に機能すれば、きっと優勝争いに絡むはずだ。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro