データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





DeNAラミレス監督も信頼。投手陣再建へ、4年ぶりに一軍投手コーチ復帰「キヅさん」の思い

昨年首位ターンから最下位に転落したベイスターズ。原因の一つに投手陣の柱が不在だったことがあげられる。今年、4年ぶりに一軍に復帰した木塚敦志一軍投手コーチはどういうビジョンを描いているのか。

2016/02/23

text By

タグ: , , , , , , , ,



昨年の投壊の原因は?

 二軍時代に木塚コーチが熱心に指導していた選手のひとりに田中健二朗がいる。
 昨年の前半戦の快進撃を支えた立役者の投球を木塚コーチはどんな気持ちで見ていたのだろうか。
 
「スカウト時代、出張先のホテルで田中の投球を今までとは違った感じで見させてもらったんですけど、1イニング押さえると僕の手が汗でびちょびちょだったこともありましたよ(笑)。外から見るという新鮮な喜びを感じたし、また改めて現場の緊張感の中でやれるのはうれしいですよね」
 
 現場から離れていた昨シーズン、ほぼ投壊に至ったピッチャー陣を木塚コーチは、次のように分析する。
 
「最初は投打の歯車の噛み合いをみせていたけど、途中でチームの核(筒香嘉智)を失って打撃の援護がだんだん薄れていく中で、ピッチャー陣が踏ん張り切れなかった。踏ん張っていたのかもしれないけど、スタミナ不足というか尻切れトンボになってしまった印象はありましたね。そこで若い左の二人(砂田毅樹、石田健大)が出てきたわけだけど、総力的に力がダウンしていたので歯止めが利かなかった。やはり、僕も育てられたわけではないけど、ずば抜けた存在のピッチャーがいないのが大きかったと思います」
 
 苦しい状況の中、チームの流れを変えることのできるエースの不在。ラミレス監督も公言しているように、その部分を担うのは山口俊ということになるのか?
 
「そうですね。秋のキャンプから今年のキャンプにかけて山口は変わろうと、良いようにもがいているのがわかります。3年前、一軍で見ていた頃の山口のいでたちとは変わってきた部分もあるし、彼がエースとして立ち上がってくれればチームに与える影響というのは大きいと思います。それだけのポテンシャルは間違いなく持っているので」

スポンサードリンク

1 2 3