データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



嬉し涙に悔し涙……下位指名にこそドラマあり! 国学院大のドラフト会議当日に密着

 10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議。どうしても報道などは将来が大きく嘱望される上位指名が中心になるが、「プロになれるか否か」がかかる下位指名候補の緊張感はより高い。国学院大からプロ志望届を提出した技巧派左腕の田中大輝と、思いきりよい打撃と強肩が売りの山下幸輝、俊足巧打の小木曽亮の運命の一日に密着した。

2014/11/05

text By

photo

Yu Takagi

タグ: , , , , , , , ,



悔し涙を流した小木曽

 歓喜に湧く部員たちの中でも硬い表情のままだった小木曽に、吉報が届くことは最後までなかった。

 周囲も気を遣って明るく接し、ドラフト会議が終了すると、上月健太コーチから「こればっかりはしゃあない。お疲れ様」と声をかけられ部屋に戻っていった。

 だがその数分後、体育館に場所を移して行われた、田中と山下の記念撮影用の胴上げや写真撮影で沸き上がる中、ひとり悔し涙にくれる小木曽の姿があった。

「悔し涙は絶対に流さない」と決めていたい小木曽だが、部屋に戻った瞬間に自分自身への悔しさから涙が止まらなくなった。それでも2人の祝福の場に足を運んだところに小木曽の人間性が垣間みられる。
 祝福のセレモニーが終わると、ひとり、またひとりと部員たちが小木曽に駆け寄った。

 偵察班に回り、データ分析などでチームに貢献していた同期の芝田桜次郎から「悔しいな。でも次頑張ろ。頼むで」と声をかけられると「俺がここで終わるわけないやろ」と切り返すなど、リベンジを期する姿が見られた。

 小木曽はこちらの問いかけにも真摯に対応してくれ、「この1カ月が22年の人生で一番つらかったです。今日の日の悔しさは一生忘れません」と涙ながらに話した。

三者三様、新たなステージへ

 ドラフト会議から1週間。周囲の狂騒や指名球団からの挨拶などで、徐々にプロ野球選手になったことへの実感を噛み締めているという田中と山下。

 また、小木曽は地元・名古屋へ教育実習に向かい、原点ともいえる自宅前のグラウンドで、時間を見つけては社会人野球での巻き返しを図るべく、汗を流している。

 結果だけを見れば「明暗を分けた」ということになるだろう。

 しかし、これは彼らにとっての新たなスタートでもある。
 田中の安堵した笑顔も、山下の嬉し涙も、小木曽の悔し涙も次なるステージでの飛躍への第一歩。

 今後さらに成長した3人の姿を見られる日を楽しみにしたい。

1 2


  • 記者募集