プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



スター不在…苦しむ97年世代の打者5人(5)トレード先でブレイクの予兆?

2022/12/09

text By

photo

産経新聞社提供



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球では世代の顔となる選手が生まれるものだ。96年世代には岡本和真、98年世代には牧秀悟、99年世代には村上宗隆など続々とスターが誕生している。
 
 一方で97年世代には、投手は小笠原慎之介、森下暢仁などチームの柱となる選手の活躍が目立つなか、野手では今季大卒3年目の髙部瑛斗がブレイクしたものの、その他はやや淋しい内容の選手が目立っている。甲子園での活躍が、現状としてピークになっている選手も多い。そこで今回は、97年世代で飛躍が待たれる打者5人を紹介する。

 

 

平沼翔太


投打:右投左打
身長/体重:179センチ/80キロ
生年月日:1997年8月16日
経歴:敦賀気比高
ドラフト:2015年ドラフト4位
 
 平沼は福井・敦賀気比高からドラフト4位で北海道日本ハムファイターズへ入団。高校時代は「エース・4番」としてチームの選抜大会優勝に大きく貢献したが、プロ入り後は打者に専念。未経験だった遊撃手の道に踏み出した。
 
 1年目は2軍で経験を積むと、4年目には自己最多となる73試合に出場し、初本塁打をマーク。20年には52試合に出場し、そのうち後半戦の35試合で遊撃手のスタメン出場を果たすなど存在感を増していった。
 
 レギュラー定着へ挑んだ昨季は序盤に出場機会を得たが、結果を残せず2軍調整に。シーズン後半戦の直前に佐藤龍世・木村文紀とのトレードが行われ、公文克彦と共に埼玉西武ライオンズへ移籍した。移籍後も打撃が振るわず、この年は両チーム合わせて41試合の出場にとどまった。
 

 
 移籍後2年目となった今シーズンは30試合の出場ながら、打率.260とバットで猛アピール。9月28日の楽天戦では3年ぶりとなる本塁打が飛び出し、チームを勝利に導いた。類まれな打撃センスとユーティリティ性を存分に発揮し、来年はより存在感を示したい。