プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



多くの人に愛された選手・杉谷拳士。満員の東京ドームで飾った華々しいラスト【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#186】

11月5日に行われた侍ジャパン強化試合は、ファイターズファンにとって杉谷拳士の「引退試合」という位置づけになった。当日は多くのファンも東京ドームを訪れ、最後の雄姿を目に焼きつけた。

2022/11/10

text By

photo

産経新聞社



ファイターズファンにとっての「裏テーマ」

 侍ジャパン強化試合2022初戦(11月5日、東京ドーム)を見た。今回は代表監督が栗山英樹さんである関係か、初戦がファイターズ戦だった。牧秀悟、村上宗隆にホームランが飛び出すなど「栗山ジャパン」の船出にふさわしい華々しい内容だったけど。スタジアムに駆けつけたファイターズファンにとっては別の意味合いを持った試合だった。
 
 杉谷拳士の「引退試合」だ。
 
 いや、もちろんこれは正式な引退試合ではない。いわば「裏テーマ」だ。表向きはもちろん「栗山ジャパン強化試合」であり、そのお披露目だ。たまたま杉谷は月末、引退会見ならぬ「涙の前進会見」を済ませ、この侍ジャパン戦が最後の勇姿を見る機会になったというだけ。が、ファンは強い反応を見せた。僕の知る北海道のファンも急きょチケットを押さえ、飛行機・宿の手配をした。宮崎フェニックスリーグすら終わっている。これが正真正銘、今年のラストゲームだ。この試合を逃すともう「選手・杉谷拳士」は応援できない。そして新庄ビッグボスなら間違いなく杉谷を出場させるだろう。
 
 チケットは早々と完売になった。大谷翔平は不参加のようだが、NPBのスターが顔を揃えるのだ。野球ファンの期待値は高い。僕はそのうちどのくらいがファイターズファンなのかなと気を揉んだ。セ・リーグのファンがどのくらい杉谷のことを認識しているか(正月の「リアル野球盤」のおかげで名前は売れているとは思うが)わからない。だけど、ファイターズファンには特別な存在だ。あまりにも突然の発表で、ファンは彼に(コロナ禍で声がけは難しいとしても)ねぎらいの拍手が送れなかった。北海道から飛行機で駆けつける背景にはそういう切実さがあるのだった。
 
 僕はツイッターとウエブコラムで次のような発信を行った。届くかどうかわからないし、届かせるアテもない、純然たる願いだった。
  
「侍ジャパン関係者は、是非とも西武・鈴木あずささんを11月5日、東京ドームのアナウンス室に呼んで、杉谷の打撃練習に花を添えてほしい」(2022年10月28日えのきどツイッター)
 
 「追記 侍ジャパン関係者にお願いがあります。是非とも西武・鈴木あずささんを11月5日、東京ドームのアナウンス室に呼んで、杉谷の打撃練習に花を添えてほしい。彼を見るために急きょ飛行機で駆けつけるファンがいます。きっと一生の思い出になると思うんです」(2022年10月30日文春野球コラム「”引退が似合わない男”ファイターズ・杉谷拳士をずっと見られて僕らは幸せだった」より)

1 2