プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



豊作確実?2023年ドラフト注目高校生5人(2)完成度抜群の本格派左腕

2022/10/29

text By

photo

産経新聞社



ドラフト2023 最新情報

 今年も数々のドラマが生まれたプロ野球ドラフト会議。9球団が重複なしで1位指名を公表する異例のドラフトとなったが、野球ファンの間では大きな盛り上がりを見せた。今回は、逸材揃いと呼び声高い2023年ドラフトの高校生候補5人を厳選し、紹介する。

 

 

前田悠伍(大阪桐蔭)


 
 来年の高校生ドラフト候補は好投手がズラリと並ぶが、その世代を引っ張るのはすでに実績十分の大阪桐蔭・前田悠伍投手だろう。最速148キロのストレートとツーシーム、チェンジアップなどの多彩な変化球を操る左腕で、今秋もアピールが続いている。
 
 昨秋、公式戦で5度の完投勝利を挙げチームを明治神宮大会優勝に導くなど、1年生ながらエース級の活躍を見せ、一気に注目度を高めた。今春の選抜でも準々決勝の市和歌山戦で6回12奪三振無失点、決勝の近江戦で7回11奪三振1失点(自責0)と快投を続け、優勝に貢献。大舞台で完成度の高さを見せつけてきた。
 

 
 今秋は、DeNAからドラフト1位指名を受けた正捕手・松尾汐恩捕手ら頼れる先輩たちがチームを去り、主将兼エースとして新たなスタートを切った。重圧を力に変え、もう一回りも二回りも大きく成長することを期待したい。