プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



東大京大名大…文武両道のドラフト候補5人(2)粘り強さが持ち味の東大右腕

2022/10/18

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年のプロ志望届提出者の中でひと際存在感を放つのが、高学歴の選手たちだ。東京大学、京都大学、名古屋大学など、名だたる国立大学から、今年は指名有力候補が現れている。今回はそんな文武両道のドラフト候補選手5人を紹介する。

 

 

東京大・井澤駿介


 井澤は、札幌南高から東京大に入学した右腕(右打)。身長180センチ、体重82キロ。(東京大野球部のHPより)。
 
 札幌南高では2年秋から主力投手として活躍。3年夏は、優勝した北海高校相手に好投を見せた。1年間の浪人を経て東京大学に入学すると、2年春からベンチ入り。秋のリーグ戦からはエース格として登板し、勝ち星はならなかったものの、慶応大相手に6回2失点の力投。3年秋の立教大戦では好救援で流れを呼び込み、自身初、チーム2季ぶりとなる白星を挙げた。
 

 
 直球とカットボールのコンビネーションを軸に、スライダー、チェンジアップ、カーブなどを織り交ぜてピッチングを組み立てる。やや小さく独特なテイクバックと、走者を出してからの粘りが強みで、同大学では宮台康平(現・東京ヤクルトスワローズ)以来のプロ入りを狙う。