プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】BC栃木・叺田本気(かますだもとき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの叺田本気だ。

 

 
 叺田は、日本航空高から菊川南陵高に転入。中京学院大を経て、栃木ゴールデンブレーブスに入団した捕手。右投右打、身長183センチ、体重87キロ。(栃木ゴールデンブレーブスのHPより)

 

 菊川南陵高では、3年春に公式戦デビュー。目立った実績は残せなかったが、主将も務める攻守の要としてチームを牽引した。中京学院大に進学後は、2年春からキャッチャーのレギュラーへ定着。中軸として打撃でも存在感を示し、3年春には打率..324(37打数12安打)、1本塁打を記録した。しかし、その後は右肘靱帯再建手術(通称・トミー・ジョン手術)を受けて戦線離脱。懸命なリハビリを経て、4年秋に外野手として復帰した。

 

 

 卒業後は、栃木ゴールデンブレーブスに捕手として入団。右肘も順調な回復ぶりを見せ、1年目から42試合に出場。打率.333(123打数41安打)と結果を残した。2年目の2022年は不動の正捕手となり、打率.315(162打数51安打)、6本塁打、10盗塁をマークした。守備面ではNPB通算96勝を挙げた成瀬善久、独立リーグに挑戦したティモンディの高岸宏行らを好リード。強肩を活かした盗塁阻止も数多く記録した。走攻守を備えた攻撃型捕手が、運命のドラフト会議に臨む。