プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】東海大・小松勇輝(こまつゆうき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、東海大学の小松勇輝だ。

 

 
 小松は、東海大相模高から東海大に入学した内野手。右投左打、身長172センチ、体重75キロ。(野球部のHPより)

 
 東海大相模高では1年生にして遊撃手のレギュラーを奪取し、夏の大会では攻守に躍動。強豪校においてそのセンスを遺憾なく発揮した。2年春の甲子園ではリードオフマンを担い、4試合で打率.316(19打数6安打)、1本塁打と役割を十分に果たした。
 
 東海大では2年秋から出場機会を確保すると、3年春に10試合でリーグ3位の打率.333(39打数13安打)の活躍。故障の影響で秋の出場はならなかったが、4年春に復帰すると、打率.357(42打数15安打)、8打点、6盗塁をマークし、遊撃手部門のベストナインを受賞した。明治神宮大会、大学日本選手権の舞台にも立っている。
 

 
 攻守に渡ってセンス抜群の遊撃手。3年時には右膝前十字靭帯断裂の故障により、1年近いリハビリ生活も経験した。高校、大学と強豪校での主将も務め、統率力にも定評がある。