プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】西濃運輸・林優樹(はやしゆうき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、西濃運輸の林優樹だ。

 

 
 林は、近江高から西濃運輸に入社した左腕(左打)。身長174センチ、体重75キロ。(西濃運輸野球部のHPより)

 

 近江高では2年春からエース格を担い、計3度甲子園に出場。2年夏には準々決勝で吉田輝星(現・北海道日本ハムファイターズ)擁する金足農に敗れたが、ベスト8入りの原動力となった。3年夏は初戦敗退も、9回1失点完投と成長した姿を見せていた。
 

 
 高卒時もプロ志望届を提出したが、指名漏れを経験。社会人の西濃運輸に進んだ。1年目は故障に苦しんだが、翌年にリリーフとして台頭した。3年目の2022年は球速アップに成功。都市対抗のマウンドでも躍動した。威力を増した最速147キロの速球とチェンジアップ、スライダーのコンビネーションを軸とし、安定感もさらに向上。悲願のプロ入りに向けドラフト会議を待つ。