プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】JR東海・宮本佳汰(みやもとけいた)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/17

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、JR東海の宮本佳汰だ。

 

 
 宮本は、大阪桐蔭高、東京国際大を経てJR東海に入社した右腕(右打)。身長183センチ、体重88キロ。(JR東海野球部のHPより)

 
 大阪桐蔭高では故障の影響もあり、公式戦での出場はないまま進学。東京国際大でも3年秋まで登板機会を得られなかったが、サイドスロー転向できっかけを掴み、4年春にリーグ戦登板。初陣で史上9人目のノーヒットノーランを達成する驚愕のデビューを飾った。大学通算では7試合登板ながら、17回2/3を無失点と成長を見せてJR東海に進んだ。
 

 
 JR東海では、2年目から公式戦のマウンドに上がり、主に救援投手として高い奪三振能力を示している。インステップ気味のサイドスローから、最速151キロの直球と、決め球のスライダーが生命線の個性派だ。まだまだ伸びしろのある右腕が、プロ入りを狙う。