プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】天理大・友杉篤輝(ともすぎあつき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/13

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、天理大学の友杉篤輝だ。

 

 
 友杉は、立正大淞南高から天理大に入学した遊撃手。右投右打、身長171センチ、体重68キロ。(天理大野球部のHPより)

 
 立正大淞南高では1年秋から公式戦に出場し、島根県大会準優勝を果たした。3年夏には「3番・遊撃」として県大会4強に進出。卒業後は、天理大への進学を決めた。
 
 天理大では、安定した守備で1年春からサードのレギュラー格となった。ショートへ主戦場を移した2年秋には、打率.406(32打数13安打)で首位打者を獲得するなど打撃開眼。3年秋からは2季連続で打率4割超での首位打者となり、4年春にはMVPにも輝いた。

 

 
 確実性の高い打撃と小技を併せ持ち、一塁到達3秒台の俊足、高い盗塁技術も武器だ。内野守備もレベルが高く、特にスローイングの安定感は抜群。完成度の高い内野手と言えるだろう。今夏は大学日本代表にも選出されており、即戦力クラスと評価されている。