プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ヤクルトドラフト4位】知内・坂本拓己(さかもとたくみ)の特徴・成績・評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に行われ、今年もプロへの切符を手に入れた選手が数多く誕生した。今回は、ドラフト指名された選手たちについて、球団からのコメントや、経歴、プレースタイルなどを紹介する。今回は、知内高校の坂本拓己だ。

 

 
所属:知内高
ポジション:投手
投打:左投左打
生年月日:2004年7月6日(18歳)
身長/体重:180cm/85kg
 

 坂本は、知内高の投手。左投左打。
 
 知内高では1年秋から公式戦で登板し、2年秋からエースナンバーを背負った。3年夏は初戦から3試合連続完投勝利を挙げ、南北海道大会決勝に進出。惜しくも甲子園出場は叶わなかったが、快進撃の立役者となった。特にプロ注目の東海大札幌・門別啓人に投げ合った準決勝で、一気に注目度を獲得した。
 

 
 最速147キロの勢いある直球を武器に、スライダー、カーブ、チェンジアップを操る。高い奪三振能力誇りち、要所を締めるメンタリティも評価されている。さらなる成長が見込める将来性抜群の高校生左腕だ。
 
○球団コメント
「奥尻島の大自然が生んだ快速サウスポー。身体能力が高く、伸びしろがたっぷりあり、鍛え上げていけば、将来が楽しみなMAX146キロ左腕」(球団公式HPより)