プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



まさかの不良債権…巨人、期待外れのFA戦士5人(3)“左キラー”として躍動も…

2022/10/08

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球選手にとって、フリーエージェント(FA)権の取得は1つの勲章といえるだろう。移籍市場で、最も活発な動きを見せる球団が読売ジャイアンツだ。しかし、過去を振り返ると、補強失敗となった事例も多くある。ここでは、巨人入りも期待外れの成績に終わったFA戦士5人を紹介する。

 

 

森福允彦


 
 福岡ソフトバンクホークスで十分な実績を残し、読売ジャイアンツに移籍した森福允彦。しかしジャイアンツでの森福は、ホークス時代からは考えられない成績となってしまった。
 
 森福は、社会人野球・シダックスからホークスへ入団すると、プロ2年目の2008年オフにサイドスローへ本格転向。2011年にリリーフとして大きく飛躍し、60試合登板で38ホールドポイント(4勝34ホールド)、防御率1.13 という抜群の数字を残した。さらに、同年の日本シリーズで見せた「森福の11球」などを筆頭に、その後も安定した投球を続け、左キラーとしての地位を築いた。
 
 2015年は成績を落としたが、翌2016年は50試合登板で防御率2.00と復調。しかし、左打者へのワンポイントリリーフが多く、投球回は27イニングだった。この起用法を受け、FA権の行使を宣言してジャイアンツに移籍した。
 

 
 移籍初年度こそ一定の成績を残した一方、翌2018年以降は不安定な投球が続き、登板機会が激減。特に2018年はわずか2試合登板、防御率13.50 という成績に終わった。その後、2019年オフに戦力外通告を受け、現役を引退した。