プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】早稲田大・中川卓也(なかがわたくや)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議とは

2022/10/17

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、早稲田大学の中川卓也だ。

 

 
 中川は、大阪桐蔭高から早稲田大に入学した内野手。右投左打、身長175センチ、体重785キロ。(早稲田大野球部のHPより)
 

 大阪桐蔭高では1年秋からベンチ入りし、レギュラーを掴み取った。2年春は甲子園に「3番・一塁」で出場し、打率.368(19打数7安打)の活躍でチームの優勝に貢献した。2年夏は大会連覇を逃したが、3年時には三塁、遊撃も守り、同校2度目となる甲子園春夏連覇を達成。スター軍団の大阪桐蔭高の主将としてチームをまとめあげた。
 

 早稲田大進学後は、1年春から正一塁手として起用され、秋以降も二塁手、三塁手としてコンスタントに試合に出場。3年秋には自己最高の打率.333(36打数12安打)を記録し、ベストナインを受賞した。
 

 
 4年時には高校に続いてチームの主将に就任。「エリート街道」を歩み、常にレギュラーとしてチームを牽引してきたリーダーシップは唯一無二だ。