プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】亜細亜大・青山美夏人(あおやまみなと)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、亜細亜大学の青山美夏人だ。

 

 
 青山は、横浜隼人高から亜細亜大に入学した右腕(右打)。身長183センチ、体重94キロ。(亜細亜大野球部のHPより)
 
 横浜隼人高では1年秋からベンチ入りし、秋の神奈川県大会では初先発初完封を記録。激戦区ということもあり、甲子園出場はならなかったものの、強豪校の主戦としてチームを牽引した。

 
 亜細亜大に進学後は、1年秋から先発・リリーフ問わずマウンドに上がった。2年秋には全体トップの防御率1.11を記録し、リーグ制覇に大きく貢献。3年時は故障の影響で登板機会を減らしたが、4年春には8試合(58回)を投げ、6勝0敗、防御率1.40と圧巻の投球を見せた。大学野球選手権でも絶対的エースとして君臨し、優勝の原動力となった。
 

 

 恵まれた体格から投げ込む直球は最速151キロを誇り、変化球もスライダー、カーブ、ツーシーム、カットボール、スプリットなど多彩。全体的にクオリティが高く、粘り強い投球で試合を作れる。大学日本代表入りも果たした世代屈指の右腕は、プロスカウトからも高い評価を受けている。