プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】東京ガス・益田武尚(ますだたけひさ)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、東京ガスの益田武尚だ。

 

 
 益田は、嘉穂高、北九州市立大を経て東京ガスに入社した右腕(右打)。身長175センチ、体重86キロ。(東京ガス野球部のHPより)。
 

 嘉穂高では1年秋からベンチに入り、エースとしてチームを牽引したが、目立った実績はなく北九州市立大に進学。1年春からベンチ入りすると、2年時はリリーフとして安定した投球を披露した。3年春に主戦投手の座を射止めると、秋には5試合で無傷の4勝、防御率1.70と抜群の数字を残した。

 
 卒業後はプロ入りを目指したが、指名漏れを経験。東京ガスへ進むと、1年目にチームは都市対抗で優勝を飾った。益田も登板機会を得たが、わずか1球で負傷降板。悔しさを抱えながらリハビリを経て、2年目の都市対抗では、完封勝利を記録した。
 

 

 最速153キロの直球に加え、カットボール、スプリット、スライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシームと多彩な球種を操る右腕。プレッシャーのかかる都市対抗の舞台での完封劇は印象的で、スカウトからの評価もうなぎのぼりだ。吉村貢司郎(東芝)、河野佳(大阪ガス)らとともにドラフト上位候補の社会人投手となっている。