データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



獅子は強く竜は弱い? 申年に強いチームと弱いチーム

申年を迎えた2016年。過去5度の申年では西武が3度の日本一を達成するなど強さを発揮する一方、例年安定した成績を残す中日は最下位3度と申年は苦手としている。また新庄のホームスチールなど申年のオールスターにはドラマが多い。

2016/01/05

text By

タグ: , , , , ,



申年に圧倒的な強さの西武

パリーグ
西武 平均順位2.6位(1→5→4→1→2)
ソフトバンク 平均順位3位(2→2→6→4→1)
オリックス 平均順位3.6位(3→1→5→3→6)
ロッテ 平均順位3.8位(4→3→2→6→4)
日本ハム 平均順位4.6位(6→6→3→5→3)
※楽天は05年に球団結成したため申年での記録は無し 80年は前後半戦通算での順位
 
 パリーグ最多のリーグ優勝回数を誇る強豪西武が、申年も変わらず強さを発揮。04年はリーグ戦では2位もプレーオフでダイエーを破り日本シリーズに進出、シリーズでも中日を下して球団史上12度目の日本一を達成した。
 申年に行われた5度の日本シリーズの内、西鉄時代の56年、92年、そして04年と3度日本一に輝いており、過去の申年においては最強といってもいいだろう。(68年は巨人、80年は広島が日本一)
 
 西武が3度日本一を達成しているもののセリーグほど順位の差は大きくなく、過去5度の申年で各球団最低2度ずつのAクラス、Bクラスを経験しており、優勝チームと2位チームのゲーム差も92年の4.5が最高とパリーグは混戦となるケースが多い。
 
 昨年はソフトバンクが独走で優勝を決めたが、今季は再び混パとなるのだろうか。
 
 シーズンと共に注目したいのが今年のオールスター戦だ。
 
 過去の申年のオールスターは印象的な場面が多い。
 
 例えば
 
全パ投手陣が9回1死までノーヒットに抑えるも、9回に全セが追いつき、10回裏江藤慎一(中日)の本塁打でサヨナラ勝ち(1968年第1戦)
 
9回表全セ1点リード無死満塁で登板した江夏豊(広島)が全パ打線を三者連続三振にとりMVP受賞(1980年第3戦)
 
石井(近鉄)、田辺(西武)、佐々木(ダイエー)による球宴史上初の三者連続本塁打(1992年第1戦)
 
古田敦也(ヤクルト)が球宴史上初のサイクルヒット達成(1992年第2戦)
 
SHINJO(日本ハム)の球宴史上初の単独ホームスチール成功(2004年第2戦)
 
 などがあげられる。
 
 申年の今年はペナントレース、オールスターとどのようなドラマが待っているのだろうか。

1 2