データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「糸井やT-岡田に頼っていてはダメ」大量12名の指名を行ったオリックスのドラフト戦略

オリックスは今年のドラフト会議で育成を含めると12人も指名した。フロントはどのような狙いをもって、それぞれの選手を指名したのだろうか。

2015/12/27

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



安達とレギュラーを競う大城

「安達のライバルになってくれれば」と担当の早川大輔スカウトが期待するのは、3位の大城滉二内野手(立教大)だ。

 大学時代は阪神に指名されたライバル、高山俊(明治大)とともに最多安打記録を競い合った。デレク・ジーターのように末長く同じチームで活躍する選手になりたいという大城。日本人では大引啓次、谷佳知に続き、背番号10のユニフォームに初めて袖を通した際は「似合ってますか?」と記者陣へ逆質問。そして「来年の赤いユニフォームもカッコイイですよね」と続けた。

「谷さんの1928本を超えたい」という言葉はとても頼もしい。「ずっとショートでしたけど、守備位置にこだわりはないです。来年は沖縄で一軍の試合があるのでそれまでには一軍に上がって試合がしたいですね」と来季の目標を語った。加藤編成部長は「即戦力として考えている」と話しており、安達とショートのポジションを競うことになりそうだ。

 今年のドラフトについて加藤編成部長はこう総括した。

「今年もバランスの良いドラフトだったと思います。4位の青山大紀(投手 トヨタ自動車)は金子千尋と同じ道を歩むだろうし、5位の吉田凌(投手 東海大相模)と6位の佐藤世那(投手 仙台育英)には甲子園の流れがある。去年の鈴木優と60番トリオとして切磋琢磨してもらいたい。7位の鈴木昂平(内野手 三菱重工 名古屋)は守備が良いから獲ったと言われてますけど、右打ちとバントのスペシャリストとして”いぶし銀”的なポジションを確立してくれたら、一軍の道も近いと思います。今のウチに欠けてるところですから。8位の角屋龍太(投手 ジェイプロジェクト)と9位の赤間謙(投手 鷲谷製作所)の二人は後ろが厳しくなったらすぐにでも行けるタイプ。育成も2位の赤松幸輔(捕手 香川オリーブガイナーズ)はもう少し絞ってプロとしての体になれば、捕手争いに入っていけます」

1 2 3