データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ジョーンズとクルーズの加入で総勢9名。2016年巨人のキーマンは、外国人選手か

今オフ、巨人はロッテからルイス・クルーズとヤンキースからギャレット・ジョーンズを獲得した。これですでに来季外国人選手は育成も含めると9名の大所帯となった。

2015/12/18

text By

タグ: , , , , ,



マシソンすら危うい1軍外国人枠

東京にメジャー通算122発男がやってくる。

巨人公式サイトでギャレット・ジョーンズ(ヤンキース)との契約合意が発表された。
単年契約で年俸250万ドル(約3億円)。背番号は「5」を背負う34歳の左の大砲。
今季はヤンキースで5本塁打に終わるも、パイレーツ時代の12年は4番に座り27本塁打を放ったGJ。
由伸巨人の貧打解消に向けて元ロッテのルイス・クルーズに続く大物助っ人補強となった。

これで在籍外国人選手は7名(育成選手も含めると9名)である。
最高勝率のタイトルに輝き、2年総額4億8000万円で残留の決まったエース格のマイコラスは実質1軍確定的。
来季は開幕から菅野智之との2枚看板でフル回転が期待される。
そして新加入で年俸3億円のジョーンズと2億4000万円のクルーズも投資額を考えれば、当然まずは上で使うだろう。
となると、残りの1軍外国人枠は1名。
この1つのイスを巡りマシソン、ポレダ、メンドーサ、アンダーソンらが争うことになる。
在籍4年間で通算240試合に登板しているスコット・マシソン。
チームメイトたちからも慕われ、いまや巨人ブルペンの柱と言っても過言ではない。
今季は主にセットアッパーとして63試合に投げながら、自己ワーストの8敗を喫した背番号20。
剛腕の逆襲に期待したいところだが、チーム事情を改めて見てみるとアーロン・ポレダは外せない。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro