データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





藤浪、大谷はすでにクリア。高卒4年間で20勝以上、松坂・ダル・田中ら日本球界エースの共通点

大谷翔平選手が来季2億円プレーヤーとなった。松坂大輔が入団した98年以降、4年間で20勝以上をあげた高卒選手をピックアップすると錚々たるメンバーが並ぶ。

2015/12/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



ダルビッシュの同時期に匹敵する成績

 先日、大谷翔平選手がついに2億円プレーヤーとなった。

 今季の大谷は15勝5敗、196奪三振、防御率2.24の成績をあげ、最多勝と最優秀防御率、最高勝率を受賞した(高卒4年目・ダルビッシュ有は15勝5敗、210奪三振、防御率1.82、MVP・沢村賞、最多奪三振、チームはリーグ優勝)

 昔は高卒1年目から大活躍する選手は多くいた。

 1956年に西鉄に入団した稲尾和久は4年で119勝37敗、防御率1.41を記録している。
 投手数が増えてローテーションも整備された現代の野球ではこういう例はなくなったが、それでも「4年間に何勝挙げるか」は、高卒投手の大きな目標になっている。

 松坂世代以降、4年間で20勝以上を挙げた投手を年代順に紹介しよう。年は入団年。8人いる。

・1999年 松坂大輔 西武 51勝29敗 防御率3.43 最多勝3回 最多奪三振2回 新人王
・2004年 成瀬善久 ロッテ 21勝6敗 防御率2.32 最優秀防御率1回(1軍実働2年)
・2005年 ダルビッシュ有 日本ハム 48勝19敗 防御率2.33 最多奪三振1回 MVP1回
・2005年 涌井秀章 西武 40勝35敗 防御率3.63 最多勝1回
・2007年 田中将大 楽天 46勝26敗 防御率3.04 新人王
・2007年 前田健太 広島 32勝24敗 防御率2.85 最多勝1回 最優秀防御率1回(1軍実働3年)
・2008年 唐川侑己 ロッテ 28勝21敗 防御率3.26
・2008年 佐藤由規 ヤクルト 26勝26敗 防御率3.46.
・2012年 武田翔太 ソフトバンク 28勝14敗 防御率2.71

スポンサードリンク

1 2