データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



稀代の長距離砲・中村剛也と、大打者への入口に立った山田哲人。個性が違う2015年の本塁打王【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は2015年の本塁打王についてだ。

2015/11/24

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , , , , , , ,



山田はどんなタイプの打者になるのか?

 中村に比べれば、山田哲人は、これからどんな打者になるかは未知数だ。キャリアSTATS、赤字はリーグ1位だ。

広尾様1124表5

 昨年が実質的なデビュー年と言えるだろう。この2年間で最多安打1回、最多得点2回、最多二塁打2回、最多本塁打1回、最多盗塁1回、最高出塁率1回、最高長打率1回と圧倒的な数字を残している。今年はソフトバンクの柳田悠岐とともにNPB9、10人目のトリプル3を記録した。

 長距離打者になる可能性も、アベレージヒッターになる可能性も秘めている。
 まずはNPBでは誰も成し遂げていない2回目、2年連続のトリプル3に期待したいところだ。
 過去のトリプル3達成者は以下の通りだ。

広尾様1124表6

 山田はトリプル3達成者では1953年の中西太に次いで若い。これから成績のピークを迎える選手だ。故障さえなければ、実力からして2016年もトリプル3達成する可能性は高いのではないか。そうなれば、彼も球史に大きな名前を残す選手になるだろう。

 個性が全く違う二人の本塁打王、来季の活躍も楽しみだ。

1 2 3