データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロッテの下剋上あるか? CSファイナルパは、2戦目までの戦いに注目【野口寿浩の眼】

 パリーグのクライマックス・シリーズ(CS)は、シーズン終盤に怒涛の快進撃を見せ、3位に食い込んだロッテが勢いそのままに日本ハムを下し、ファイナルステージへと進出した。解説者・野口寿浩氏の目にCSファーストステージはどのように映ったのか?   さらに、ファイナルステージの展望についても聞いてみた。

2015/10/14

text By

タグ: , , , , ,



ロッテのキーマンは清田

 ただロッテも、涌井、石川歩、チェン・グァンユウの先発陣をはじめ、リリーフの大谷智久、松永昂大、内竜也と、投手陣の状態がすごくいい。だからこそ先取点を奪って、試合を優位に進めたい。とにかく接戦に持ち込むしかありません。そうすればソフトバンクといえども焦りが出てくるでしょうし、勝機が生まれてきます。

 当然、伊東勤監督もそうした展開に持ち込みたいと思っているはずです。投手陣はある程度計算できるので、攻撃陣がどれだけ点を奪えるかがカギになるでしょう。

 そこでキーマンを挙げるとすると、私は清田育宏だと思います。ファーストステージでは初戦こそ2安打3打点と活躍しましたが2戦目、3戦目はチャンスに打てず、ともにノーヒットに終わっています。もし清田に1本出ていれば、もっと楽な展開になったはずです。今江や福浦の調子がいいからこそ、清田に当たりが出てくると一気に打線の厚みが増します。

 前評判ではソフトバンクの圧倒的有利が伝えられていますが、ロッテのシーズン終盤の戦いには地力を感じます。ロッテが最初の2つを取り、勝ち越すことができれば面白い展開になると思います。逆にソフトバンクにしてみれば、2連敗さえしなければいい。そういう意味で、2戦目までの戦いに注目ですね。

1 2