データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】第1戦はオリックスが劇的サヨナラ勝ちで先勝! 主砲・吉田正尚が殊勲打【日本シリーズ2021】

2021/11/20

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<SMBC日本シリーズ2021第1戦 ●ヤクルト 3-4× オリックス○>(20日、京セラドーム大阪)
 

 
 オリックス・バファローズと東京ヤクルトスワローズによる「SMBC日本シリーズ2021」第1戦(4戦先勝)が20日、オリックスの本拠地・京セラドーム大阪で行われ、オリックスが4-3のサヨナラで先勝した。
 
 大事な初戦はオリックス・山本由伸、ヤクルト・奥川恭伸の先発で試合開始。初回を三者凡退とした山本は、2回にスコアリングポジションへ走者を背負ったが、アウト3つを空三振で奪い無失点。対する奥川は、初回に2死三塁、2回に2死一、二塁のピンチを迎えるも、味方の好守もあって難を逃れた。
 
 その後も両チームがチャンスを作ったが、決定打を出せず。前半5回終了時点では、依然0-0の展開が続いた。
 
 均衡が破れたのは6回、ヤクルトは先頭の3番・山田哲人が四球で出塁すると、1死からドミンゴ・サンタナも四球で一、二塁のチャンスを迎えた。打席の6番・中村悠平は速球を捉え、センターへのタイムリーヒット。均衡を破る一打でヤクルトが先制点を挙げた。
 
 オリックスは、7回から2番手・吉田凌にスイッチ。安打を許すも無失点に抑えるとその裏、1死から代打スティーブン・モヤが起用に応え、右中間スタンドへの同点ホームラン。ついに奥川の牙城を崩した。
 
 追いつかれたヤクルトだったが、直後の8回、タイラー・ヒギンス投手の代わり端に先頭の山田が左安で出塁。続く村上は外寄りの変化球をうまくバットに乗せた。打球はバックスクリーンへ飛び込む2ランホームラン。主砲の一発ですぐさま勝ち越しに成功した。
 
 試合は2点差のまま迎えた9回裏、ヤクルトは守護神スコット・マクガフがマウンド。後がないオリックスだったが、先頭の8番・紅林弘太郎が右安、代打アダム・ジョーンズが四球、1番福田周平の犠打が野戦を誘って無死満塁と絶好のチャンス。2番・宗佑磨が二遊間を破る2点タイムリーを放ち同点に追いつくと、続く吉田正尚が前進守備のセンター頭上を襲う打球を放ち、試合を決めた。
 
【結果速報】プロ野球日本シリーズ2021 ヤクルト対オリックス 試合結果・スコア一覧






  • 記者募集