データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



(DeNA・野手編)2021年プロ野球、各球団の助っ人外国人選手の今季を振り返る オースティンがリーグ屈指の成績、ソトは契約延長に

2021/11/13

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 レギュラーシーズンを終了した2021年シーズンのプロ野球。今年もコロナ禍の影響は続き、特例事項として外国人枠の増加(4人→5人)などが引き続き適用された。しかし渡航制限を受け、助っ人外国人選手の来日が大幅に遅れて開幕に間に合わないケースが多発。選手たちにとっても難しい調整が強いられていた。
 

 
 ここでは、2021年シーズンをNPBでプレーした助っ人外国人選手の今季成績を振り返っていく。今回は、横浜DeNAベイスターズ・野手編。

1 2 3 4





  • 記者募集