データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク、バレンティンの退団を発表 NPB通算301本塁打の大砲は「来年も日本でプレーする機会を得られたら」

2021/10/12

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスは12日、ウラディミール・バレンティン外野手の退団を発表した。
 

 
 バレンティンは、2011年に東京ヤクルトスワローズでNPB入り。右の大砲として初年度から数多くのアーチを描き、13年には60本塁打を放ってNPBシーズン本塁打記録を樹立した。ソフトバンクには、日本人扱いとなった20年に加入。今季はNPB通算1000安打&300号本塁打を達成したが、2シーズンでわずか82試合出場、13本塁打にとどまっていた。NPB通算成績は、1104試合出場、打率.266、1001安打、301本塁打、794打点、7盗塁、OPS.916(長打率.546+出塁率.370)となっている。

 バレンティンは、球団を通じて「この2年間、ホークスでプレーする機会を与えてもらい、ありがとうございました。2年間サポートしてくれた全てのチームメイト、スタッフ、コーチ、フロントの皆さんに感謝します。また、この2年間応援し支えてくれたホークスファンの皆さん、本当にありがとうございました。もし、来年も日本でプレーする機会を得られたら、ぜひまた応援をよろしくお願いします!」とコメントした。






  • 記者募集