データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



千葉ロッテ、戦力外通告選手たちへ――たとえ新天地へ行っても、僕らは全力で応援する!!

浦和マリーンズが、ファーム日本選手権で2年ぶり4度目の日本一に輝いた翌日、千葉ロッテ球団からは7選手への戦力外通告が粛々と発表された。〝結果〟を残せなければ、淘汰される――それがプロの宿命とはいえ、ファンならばその〝現実〟には、やはり言いようのない寂しさも感じるもの。そこで今回は、ドラフト直前で新戦力への期待感も入りまじるなか、あえてチームを去る選手たちに手向けのコラムを書いてみたい。

2014/10/21

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



一度でもロッテにいた選手ならば、全力で応援する

 もっとも、マリーンズファンというのは、「元ロッテ」という肩書きをもっているだけで、否応なしにその人物を応援してしまいたくなる〝性〟を持つ人種。サラリーマンへの転身が報じられたG.G.にだって、変わらず声援を送るし、たとえ〝渦中の〟成瀬が結果として、他球団に移ることになっても、出てきただけでブーイングなんてゲスなマネはまずしない(と思いたい)。それが、戦力外から這い上がってきた選手ともなれば、なおさらマリンのスタンドからは温かい拍手が贈られることになるだろう。

 実際、残念ながらこのオフに埼玉西武を戦力外となった小林宏之が今季マウンドに上がったときには、スタンドは大いに沸いたし、千葉ロッテのドラ2から戦力外を経て、いまや阪神不動のセットアッパーともなっている加藤康介のときだってそうだった。

 なかには、西岡剛(阪神)や、久保康友(横浜DeNA)はもとより、里崎と同期の川井貴志(東北楽天)や、涌井秀章の人的補償で移籍した中郷大樹(埼玉西武)、田中雅彦(東京ヤクルト)に工藤隆人(中日)、佐藤賢治(北海道日本ハム)、1シーズンだけの在籍だった齋藤俊雄(オリックス)らのことまで、生暖かく見守っているという人も多いだろうし、すでに移籍して3年以上も経つのに、オリックス・竹原直隆のことをバファローズファン以上に気にかけてしまっている、なんて人も意外といるに違いない。

 ともあれ、たとえ選手たちが、どんなかたちでチームを去ることになっても、言わば〝身内〟であったという事実は、これから先も変わらない。

 ゆえに僕らは、このオフに戦力外となった7人。そして、他球団で同じく通告を受けた、先の小林宏や川﨑雄介(ともに埼玉西武)、吉見祐治(阪神)、根本朋久(北海道日本ハム)の〝元ロッテ〟4人のことは、きっとフォローをし続けるだろうし、彼らが今後どのような選択をしようと、そこで新たな一歩を踏み出したあかつきには、やっぱり全力で応援してしまうことだろう。

 なんてたって、僕らの脳裏には、07〜09年シーズンに大車輪の活躍をみせた荻野→川﨑のOKリレーも、たとえ敗戦処理であっても淡々と投げ続けた吉見のひたむきさも、チームに降りかかる〝業〟をまるごと引っかぶるかのようなアクシデントに見舞われまくった塀ちゃんの〝暗黒神〝っぷりも、そのどれもが、色鮮やかな記憶として焼きついているのだから……。

1 2


  • 記者募集