データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、鉄壁継投で全勝メキシコを撃破! 今永昇太6回1失点、救援陣無安打で2点差死守

2019/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 3-1 メキシコ>(13日、日本:東京ドーム)
 
「第2回WBSCプレミア12」は13日にスーパーラウンド3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、グループAを1位通過したメキシコ代表と対戦して2点のリードを最後まで守り切り3-1で勝利。ラウンド通算3勝1敗とした。
 
 前日にアメリカに敗れスーパーラウンド2勝1敗とした侍ジャパンは、ここまで同3勝0敗で単独首位に立つメキシコと対戦。自力での決勝進出へ向けて負けられない戦いだ。
 
 そして試合は初回から動く。侍ジャパンは先発の今永昇太が3者凡退の立ち上がりを見せると、直後の攻撃でメキシコ先発の左腕ラミレスから坂本勇人の左前安打などでチャンスを作ると、2死二塁から4番の鈴木誠也が適時打を放ち先制。侍ジャパンにとってはスーパーラウンドに入って初めての先制点となった。
 
 さらに外崎修汰も安打で続いて一、二塁とし、6番の近藤健介も中前へ適時打を放ち2点目。この回、左腕に対して坂本、鈴木、外崎と右打者3人が快音を響かせ、起用がズバリと当たる形で幸先の良いスタートを切った。
 
 侍ジャパンは2回にも坂本の適時打で1点を追加。投げては今永が3回まで一人の走者も許さないパーフェクトの投球で主導権を握る。
 
 中盤の4回、今永は先頭の1番・ジョーンズにカットボールを捉えられて左翼スタンドへのソロ本塁打を浴びたが、反撃をこの1点で食い止め流れを相手に渡さなかった。
 
 追加点が欲しい侍ジャパンは、4回はこの試合初めての3者凡退。5回は先頭の鈴木に二塁打が飛び出すなど2死二、三塁のチャンスを作ったが、先発マスクを被る會澤翼が見逃し三振に倒れ無得点のイニングが続く。
 
 それでも、今永は5回以降も自身の持ち味である速球がさらに勢いを増し、メキシコ打線を翻弄する。6回には9番から始まる攻撃に対して圧巻の3者連続三振。この日は6回82球を投げて被安打わずかに1、与四球1、奪三振8、失点1の内容でマウンドをリリーフ陣に託した。
 
 試合は2点差のまま終盤に入り、侍ジャパンは2番手で今大会3試合連続無失点中のルーキー甲斐野央がこの日も7回の1イニングを無失点。8回も山本由伸が無失点として、9回はクローザーの山﨑康晃が登板した。
 
 山﨑は2番から始まるメキシコ打線を無失点に抑えて試合終了。リリーフ陣はいずれも無安打で2点差を最後まで守り切り勝利を収め、メキシコに今大会初黒星を付けた。そしてスーパーラウンド通算3勝1敗として、3日後16日に迎える次戦は韓国と対戦する。




  • 記者募集