データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、強豪メキシコ相手にリードして終盤へ 先発の今永昇太が6回まで1失点

2019/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - メキシコ>(13日、日本:東京ドーム)
 
「第2回WBSCプレミア12」は13日にスーパーラウンド3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、グループAを1位通過したメキシコ代表と対戦。先発の今永昇太が6回まで1失点と強力打線に対して好投している。
 
 侍ジャパンは初回に2点を先制すると、2回には坂本勇人のこの日2安打目となる適時打で3点目を挙げる。投げては、先発の今永が3回までパーフェクト投球。4回にソロ本塁打を浴び自身プロ入り後侍ジャパンで初失点を喫したが、5回までを1失点で投げ切った。
 
 そして打線は5回、メキシコ3番手のリオスに対して先頭の4番・鈴木誠也が左翼線への二塁打を放ちチャンスメイク。その後、四球と内野ゴロなどで2死二、三塁と好機を広げたが、先発マスクを被る8番・會澤翼が見逃し三振に倒れて追加点は挙げられなかった。
 
 5回まで63球の今永は6回のマウンドにも上がり、先頭の9番・サラサールを空振り三振に仕留めると、本塁打を浴びている1番・ジョーンズにはファール粘られた末に8球目で空振り三振。さらにぺリオも空振り三振として3者連続三振で封じ込めた。




  • 記者募集