データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、先発の今永昇太が3回完全も4回にソロ被弾 四球で走者許すも追加点は与えず

2019/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - メキシコ>(13日、日本:東京ドーム)
 
「第2回WBSCプレミア12」は13日にスーパーラウンド3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、グループAを1位通過したメキシコ代表と対戦。先発の今永昇太が4回まで1失点としている。
 
 侍ジャパンは先発のマウンドを左腕の今永に託した。その今永は、強力メキシコ打線を序盤から翻弄する。
 
 初回、先頭のジョーンズを空振り三振に仕留めるなど3者凡退。味方打線による2点の先制点を得た直後のマウンドでも、4番から始まる打線を難なく3人で打ち取る。
 
 そしてリードを3点に広げた3回も、前日のオーストラリア戦で特大弾を放った元中日のクラークから三振を奪うなど3者凡退とし、序盤3回まで一人の走者も許さないパーフェクトの投球を見せた。
 
 しかし4回、先頭の1番ジョーンズに初球のカットボールを完璧に捉えられると、打球は左翼スタンドに飛び込むソロ本塁打となって1点を返される。さらに1死後に四球を許したが、後続を空振り三振、左飛に打ち取って追加点は許さなかった。




  • 記者募集