データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、鈴木誠也と近藤健介の適時打で2点先制 相手左腕に対して右打者3人が快音

2019/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - メキシコ>(13日、日本:東京ドーム)
 
「第2回WBSCプレミア12」は13日にスーパーラウンド3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、グループAを1位通過したメキシコ代表と対戦。初回に鈴木誠也の適時打などで2点を先制した。
 
 決勝進出へ向けて、ここまで全勝のメキシコを叩いておきたい侍ジャパン。先発マウンドを託された今永昇太は初回、先頭のジョーンズから空振り三振を奪うと、2番のぺリオは投ゴロで自ら打球をさばき難なく2アウトを取る。そして最後はキロスをカットボールで右飛に打ち取って3者凡退のスタートを切った。
 
 一方、大幅に打順を入れ替えた打線は、メキシコ先発のラミレスに対して1死から2番の坂本勇人が左寄りシフトの間を抜ける左前安打で出塁。坂本は続く3番・浅村栄斗の打席で二塁へ盗塁を決めチャンスを広げる。前日3打点の浅村は三振に倒れたものの、不動の4番・鈴木誠也が中前へ適時打を放ち先制に成功した。侍ジャパンが先制点を挙げたのはスーパーラウンドでは3試合目にして初めて。
 
 さらに外崎修汰が右前安打で一、二塁とチャンスが続き、6番の近藤健介が中前適時打を放って2点目。相手左腕に対して、坂本、鈴木、外崎と右打者の活躍が光り2-0と先に試合の主導権を握った




  • 記者募集