データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、バースデー浅村栄斗が再び適時打で1点差! 逃げ切り図るアメリカの継投の隙突く

2019/11/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - アメリカ>(12日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は12日、スーパーラウンド2日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はグループAを2位通過したアメリカ代表と対戦。6回に浅村栄斗がこの日2本目の適時打で再び1点差に詰め寄った。
 
 侍ジャパンは、2点を追う4回に4番・鈴木誠也が三塁打で出塁すると、2死からこの日誕生日の6番・浅村が適時打を放ち1点を返した。
 
 しかし、5回に2番手でマウンドに上がった山岡泰輔が先頭から2者連続安打を浴び無死一、二塁とピンチを招く。そして1死から4番のボームに適時打を浴びて1-3と再び2点差とされた。
 
 続くピンチは3番手・嘉弥真新也が抑え追加点は許さず。そして6回は4番手として大野雄大が登板し、丸佳浩が好捕を見せるなど3者凡退に抑える好リリーフを見せた。
 
 この流れを攻撃に生かしたい打線は、4回から登板し3イニング目に入ったアメリカ2番手クレイトン・リチャードに対して1死から4番の鈴木が遊撃手の悪送球で出塁。
 
 続く吉田正尚は左飛に倒れて2死となり、ここでアメリカは3番手のフェイレイゼンにスイッチ。そしてこのフェイレイゼンから6番の浅村が右中間を破る適時二塁打を放ち2-3と再び1点差とした。




  • 記者募集