データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12】侍ジャパン、好調の高橋礼が強力打線に挑む!坂本勇人が「7番・遊撃」 アメリカ戦スタメン発表

2019/11/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - アメリカ>(12日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は12日、スーパーラウンド2日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はグループAを2位通過したアメリカ代表と対戦する。試合に先立って両チームのスターティングメンバ―が発表された。
 
 前日の同ラウンド初戦・オーストラリア戦に僅差で勝利した侍ジャパンは、この日はオープニングラウンドのプエルトリコ戦で6回2死までパーフェクトと好投した高橋礼が先発する。若手有望株が主軸に揃うアメリカ打線に対してどのような投球を見せるか注目だ。
 
 野手はオーストラリア戦のラインナップとほぼ変わらず。1番の丸佳浩から6番の浅村栄斗までは同じで、「7番・遊撃」に坂本勇人、「9番・三塁」にはユーティリティ選手の外崎修汰が入った。前日はわずか3得点と苦しんだが、繋がりのある攻撃で序盤から主導権を握りたい。
 
 一方、アメリカは開始3時間前に先発投手を急遽マーフィーに変更。負けられない試合のマウンドを25歳右腕に託した。打線ではロサンゼルス・エンゼルス傘下の有望株ジョー・アデルが「2番・中堅」に入った他、ボビー・ダルベック、アレク・ボームなど長打力が魅力の選手が中軸に固まっている。

1 2



  • 記者募集